世の中には親切な男性がたくさんいます。「この人は周りからの評判も良いし、大丈夫!」そう思っていても、実はとんでもない策士だったりします。そんな男性には、ハマる前になんとか回避したいものですよね。
全てを完璧に対応しているつもりでも、実は見抜くポイントが隠れています。彼の行動を観察して、怪しいかどうかチェックしてみましょう。

特別扱いをされている気にさせる

2人で会話をした時に、共通の趣味の話題で盛り上がったり、やたら自分のことを褒めてくれる彼。「なんだか特別扱いされてる?」と舞い上がっていたら、周りにいる女子にも同じ対応をしていた! なんてことも。
この手のタイプは、人の懐に入るのがうまい人。周りの人の気分を良くして相手の心のガードを外すのです。まずは冷静に、彼がたくさんの人に思わせぶりな態度をとっていないか確認するのがいいでしょう。

じっと目を見てしゃべる

人は見つめられると、自分に興味を持たれていると錯覚します。またその表情は脳裏に焼きつくもの。離れていてもなんだか気になる存在と感じてしまいます。しかし本来人の目線とは、自然に会話しているとそこまで常にばっちりとは合うものではありません。
彼の目に吸い込まれないよう、客観的に分析しましょう。

笑顔のサービスが多い

いつも笑顔でいることは素敵なことですが、相手のためや自然なものではなく、彼本人のために笑顔の自分を演じている場合があります。「あれ? 今の笑顔、ちょっと不自然かも?」と思うこと、ありませんか?
その直感は、あながち間違っていないことが多いと思います。人懐っこさを表現することで、自分も心を許していることを示しているのです。

自分がミスした時に豹変する

とはいえ、今までご紹介した3つは悪いことではなかったですよね。これからご紹介するのは、ネガティブな行動です。人の心を握りたい人は、完璧主義な自分を振る舞おうとします。つまりミスをした時などに、急に本性があらわれがち。他人の責任にしたり、素直に謝れなかったりと、自分のミスを投げ出そうとします。
こういう人は、普段から根本的に自分が正しい、自分の方が大切だと感じているものです。このように問題が生じた場面などで本性がでるので、気をつけて見抜きましょう。

怒った直後にすぐ親切にできる

自分の対応に対して怒ったり不機嫌になってしまった彼。こちらが焦って必死で謝ると、態度がころっと180度変わってすぐに上機嫌に。「次はいつご飯をする?」なんてデートの約束すらしてきます。
ころころと変わる彼の対応に気がついたら振り回されて、完全に彼のペースに持っていかれている……。「ツンデレか!」と突っ込める余裕があればいいですが、疲れるけれど気がついたら合わせてしまう……そんな人は、もうすでに彼の掌の上で転がされているといえるでしょう。

付き合ってから大変な思いをした……なんてことがないよう、冷静に見極めていきたいですね。