画像提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは3月13日、教育市場向けにChromebook「Lenovo 500e」「Lenovo 300e」を発表した。5月の大型連休以降に発売し、想定価格は「Lenovo 500e」が税別58,000円前後、「Lenovo 300e」が税別48,000円前後。一般ユーザー向けへの販売は予定していないが、「要望があれば検討したい」とのこと。

「Lenovo 300e」と「Lenovo 500e」はいずれも11.6型のChromebookで、ディスプレイが360度回転するコンバーチブル型の2in1モデル。小学校から高校までの幅広い世代の学習をカバーする。

米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)に準拠した耐衝撃性能を備えるほか、学校の机の高さ(70cm前後)をふまえて、75cmの高さからの落下テストを実施している。キーボードは防滴仕様で、水をこぼした際にも安心して使えるという。

○EMRペン搭載の上位モデル「Lenovo 500e」

上位モデルの「Lenovo 500e」は、CPUにIntel Celeron N3450を搭載。EMRペンをサポートし、ペン入力も可能だ。キーボード上部に配置されたカメラ(500万画素)は、タブレットモードにするとアウトカメラになる。例えば外で植物などの写真を撮影するなど、校外学習にも利用できる。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron N3450、メモリが4GB、ストレージが32GB eMMC、ディスプレイがタッチ対応11.6型HD(1,366×768ドット)、OSがChrome OS。

通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB Type-C×2、USB 3.0×2、microSDメディアカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・ジャックなど。

本体サイズは約W290×D204×H20.35mm、重量は約1.35kg。

○実はAnyPen対応「Lenovo 300e」

下位モデルの「Lenovo 300e」は、プロセッサにMediaTek MTK 8173Cを採用。「Lenovo 500e」とは異なり、EMRペンには対応しない。ただし、公式にはうたわれていないが、鉛筆やボールペンなどをスタイラスとして活用できるAnyPenをサポートする。また、HDMIポートを標準で備え、プレゼンテーションなどに使うこともできるという。

主な仕様は、CPUがMediaTek MTK 8173C、メモリが4GB、ストレージが32GB eMMC、ディスプレイがタッチ対応11.6型HD(1,366×768ドット)、OSがChrome OS。

通信機能は、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB Type-C、USB 3.0、HDMI、SDカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・ジャック、Webカメラなど。

本体サイズは約W292×D204×H21.2mm、重量は約1.36kg。

○クラウド活用でトータルコストを削減

レノボでは、「予算」「デバイスの管理やメンテナンスが困難」「教員のICTスキル」が教育現場におけるICT環境の整備を妨げているとして、シンプルかつローコストなシステムが必要だという。

Googleの教育向けソリューション「Google for Education」や、NTTコミュニケーションズが提供する教育クラウドプラットフォーム「まなびポケット」と連携することで、オンプレミスサーバーを導入するケースと比べて、管理が容易かつ、トータルのコストを大きく削減できるとしている。

基本的にはパートナーと協業し、デバイスとプラットフォームを合わせたソリューションとして学校に提案していく。