DAZNは第2週に欧州5大リーグで生まれた「ベストゴール」を選定した【写真:Getty Images】

写真拡大

岡崎の相棒ヴァーディの“伝説級ボレー弾”から厳選ゴール集がスタート

 3月に入り、欧州各国リーグもシーズンの佳境を迎えている。

 そんななか、DAZNは第2週に欧州5大リーグで生まれた「ベストゴール」を選定。ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史も“GK股抜き高速弾”で堂々と名を連ねている。

「後ろから来たパスを叩き込むスゴワザ満載!」と記されたように、今回は後方からのパスがひとつの選考基準となっている。

 最初に登場したのは、FW岡崎慎司の相棒であるレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ。現地時間10日に行われたリーグ第30節の敵地ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦(4-1)、前半22分にハーフウェーライン付近から飛んできたロングフィードに走り込むと、ボールに左足を合わせてダイレクトボレー。相手GKも反応できない高速シュートをゴール右隅に突き刺した。

 ゴールが決まると、レスター公式ツイッターは「ゴール! ヴァーディ、なんて衝撃的なゴールなんだ」と速報し、レスターOBで元イングランド代表の名手ギャリー・リネカー氏も「信じられないほどに素晴らしい。センセーショナルなマフレズのパスからのフィニッシュ。大げさじゃないよ」とツイッターで称賛していた。

 同じくプレミアリーグからは、今冬にチェルシーからニューカッスルに移籍したブラジル人FWケネディも選出。サウサンプトン戦(3-0)の試合開始直後、ペナルティーエリア内でロングボールを胸トラップすると、素早く反転して左足でシュート。ジャストミートではなかったが、巧みにゴールを陥れた。

“無双状態”突入の宇佐美、完璧な一撃で話題に

 リーガ・エスパニョールからは、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがマラガ戦(2-0)で見せた華麗なヒール弾、エスパニョールのFWレオ・バチストンが決めたダイレクトボレー弾がノミネート。そして、ブンデスリーガからは宇佐美が登場する。

 現地時間11日のリーグ第26節デュイスブルク戦(2-1)、後半43分にやや後方からの横パスを受けた宇佐美は、上手くリズムを図りながら右足を一閃。相手DFが伸ばした足をかいくぐって飛んだ強烈なシュートは、相手GKの股下も射抜いてゴールネットに突き刺さった。

 勝利を手繰り寄せるゴールに会場は騒然となり、4試合連続ゴールに宇佐美も感情を爆発させてチームメイトやファンと喜びを分かち合った。ツイッター上では「シュートのスピードやばい」「また!」と感嘆の声が上がり、ガンバ大阪で国内三冠に貢献したシーズンを引き合いに「2014シーズンの宇佐美を見てるみたい」と無双ぶりを称えるコメントも並ぶなど話題を呼んだ。

 そのほか、セリエA・ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレの“背面スコーピオン弾”なども選ばれている。第3週のゲームでは、次はどのようなスーパーゴールが飛び出すのだろうか。

(Football ZONE web編集部)