女子レスリングの伊調馨選手と栄和人強化本部長(AFP/アフロ)

写真拡大

 元横綱日馬富士による傷害事件をめぐる日本相撲協会の対応に問題があったとして、1月に相撲協会理事を解任された貴乃花親方が、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出した。

 貴乃花親方のこの思い切った行動は、その約1週間前に女子レスリングの伊調馨選手が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラを受けているとする告発状が、同じく同委員会に提出されていた事実が明るみに出たことと無関係ではないだろう。

 前近代的な競技団体組織のなかで起こった2つの造反劇はまた、海の向こうで大きな動きとなっているセクハラ告発ムーブメントである「#MeToo」と軌を一にしている。権利意識に目覚めた被害者的立場の人たちが声を上げ始めている。告発された組織の側は自らの擁護に走っているが、社会人として私たちは声を上げた被害者側を強く支援したい。

●相撲協会への果たし状

 3月9日、貴乃花親方は相撲協会理事会を欠席した。日馬富士による暴行事件への巡業部長としての対応を問われてすでに1月に理事職を解任され、2月2日の理事候補選挙では立候補するも落選しているので、この日の理事会が貴乃花が出席する最後の理事会となるはずだった。

 協会には「所用のため」と事前連絡があったが、八角理事長(元横綱北勝海)は「良くないことだね。なんの用かわからないが」と苦言を呈し、尾車事業部長(元大関琴風)は「来ない理由がわからない」と首をかしげたとされる。

 この日の貴乃花親方の欠席は確信犯だった。というのは同日、貴乃花部屋のホームページ「貴乃花親方からのメッセージ」コラムが更新され、自身の名前で「内閣府公益認定等委員会に対する告発について」という文章がアップされたのだ。この文章で貴乃花親方は、相撲協会の危機管理委員会による調査が第三者によって行われたものではなく、最終報告でも被害者である貴ノ岩の主張がまったく反映されていない、などとして、以下のように綴っている。

「私は、本日、内閣府公益認定等委員会に対し、代理人弁護士を通して、公益財団法人日本相撲協会による本件傷害事件への対応が、事業の適正な運営の確保に重大な疑義を生じさせるものであることから、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律に基づく立ち入り検査、質問及び適切な是正措置を求める勧告をしていただきたい旨の告発状を提出いたしました」

 いわば、相撲協会に真っ向から果たし状を叩きつけている。事件への対応についても、次のように容赦なく告発している。

「本件傷害事件の調査・報告、日本相撲協会の各組織による決議・発言等については、不当・不適切にとどまらず、違法なものも存し、公益法人としての日本相撲協会及びその各組織の適正な運営には次に述べるとおり、重大な疑義が生じています」

 また、相撲協会が委託して同事件を調査した危機管理委員会については「被害者の同意を得ることなく、被害者の具体的な診断内容を入手して報道機関に公表しています」と指摘した。個人情報保護という観点からはその通りだろう。

「さらに同委員会は、被害者の主張を聞く前に中間報告要旨を公表し、その後の最終報告においても重要な点で被害者の主張が全く反映されておりません。このように、本件傷害事件に関する日本相撲協会による調査は、公正中立な内容とは到底評価できないものであり、身内による全く不十分な調査と報告をもって済ませようとしています」

 貴乃花のこの指摘、主張には説得力がある。危機管理委員会が相撲協会の内部機関である以上、被害者側からのこのように指摘されてしまえば反論することは難しいだろう。

 前述の伊調問題においてレスリング協会の倫理委員会がただちに第三者委員会に調査を委嘱したのは、相撲協会の内部機関である危機管理委員会の調査結果が、最後まで「眉唾もの」として受け止められたいきさつを踏まえたものとも推察される。

 貴乃花はさらに告発状のなかで、巡業部長でありながら協会に事件の報告を怠り、調査への協力要請も再三にわたって拒否したことなどから理事を解任されたことについて、「解任事由に相当するような理事の職務義務違反になると認めることは困難」と主張している。そして公益認定等委員会に「(協会への)立ち入り検査、質問及び、適切な是正措置を求める勧告」を求めたとした。

●相撲道、信念の人

 前述の通り、貴乃花親方は公益財団法人を管轄する公益認定等委員会に告発状を提出するという手段を、伊調問題の報道をみて思いついたのではないか。3月1日に「週刊文春」(文藝春秋)によって第1報が報じられ、貴乃花は3月9日の理事会前に弁護士と相談して、同じ行動を取ったと推察される。

 ただ、できれば伊調問題と同様に弁護士をスポークスマンとして前に出せば、さらによかったのではないか。弁護士という公正な立場が、孤軍奮闘して孤立したようにもみえる貴乃花親方の立場を強く補完できたのではないか。

 伊調問題と今回の貴乃花親方の告発は、その進展において互いに影響しあってきたと私は見ている。昨年10月以降の貴乃花親方による被害届提出とその後の展開がなければ、伊調選手のために告発しようという勇気は告発者に出なかったのではないか。告発状は今年1月18日に提出された。貴乃花親方の毅然とした対応に、伊調選手を擁護する告発者は背中を押されたと見ることができる。そして、3月1日にその事実が報道されると、今度は貴乃花が同様な告発を9日に断行した。「告発ラリー」ともいうべき2事案がシンクロして進行したと推察される。お互いの行動、そして信念が、互いに勇気を与え背中を押して進んでいる。

 興味深いのは、両事件とも被害者本人は告発に及び腰であることだ。伊調選手は事態が報道されるとただちに所属会社を通じて「告発状については一切かかわっておりません」という声明を出した。貴ノ岩に至っては、事件の翌日わざわざ加害者である日馬富士に謝罪に出向いているばかりか、傷を押して稽古を始め、事件がなかったかのように振る舞った。

 狭いムラ社会であるスポーツ界で生きる選手たちは、「その後」を慮って自らコトを荒立てるのをためらう傾向がまだ強い。その壁を破って協会と対峙するというのは、よほど信念のある人でなければならない。ひたすら相撲道を追求する貴乃花はそのような人物だ。

●告発ムーブメントがスポーツ界でも

 昨年ハリウッドから起こりアメリカ全土はおろか世界的に広まったのが、女性に対する性的ハラスメントの告発運動だ。今までは孤立していて声を上げることのなかった女性被害者たちが、このムーブメントに励まされて被害を告発し始めたのだ。

 伊調問題と貴乃花親方の告発でも、旧態依然たる競技団体というムラ社会のなかにいて声を上げにくかった被害者側が、影響しあって問題を指摘し始めたのだ。上下関係の厳しい相撲界では「無理へんに拳骨と書いて兄弟子と読む」などという言葉までが使われてきた。しかし、競技団体というのは、つまるところそこに属する選手のために存在するはずだ。弱い立場の選手が貶められたり、パワハラに泣くようなことがあってはならない。

 思えば、スポーツ界における告発ムーブメントの走りは、2013年に発覚した女子柔道選手に対するパワハラ・セクハラ事件だったと思う。私たちは、虐げられたほうの存在である被害者側の告発を強く支持するべきで、一部記事に見られる「世渡り下手の貴乃花親方、深まる孤立」などと、その行動を腐したり貶めるべきではない。
(文=山田修/ビジネス評論家、経営コンサルタント)