auは、国際ローミングサービスの「世界データ定額」を一部の機種で利用しようとした際にネットワークエラーが表示される場合があるとして、回避策を案内している。

 影響を受けるのは、「Xperia XZ1 SOV36」「AQUOS R compact SHV41」と、Android 8.0にバージョンアップした「Xperia XZs SOV35」「Xperia XZ SOV34」「Xperia X Performance SOV33」「AQUOS R SHV39」。

 まず、機内モードが「オフ」、Wi-Fiが「オフ」、モバイルデータが「オン」、データローミングが「オン」になっていることを確認する。それでも世界データ定額アプリで「ネットワークエラー」が表示される場合や、SMSのURLにブラウザからアクセスして「現在オフラインです」などと表示される場合、ステータスバーを下にスワイプし、「モバイルデータの残量がありません」をタップする。

正しい設定でもエラーが表示される場合がある

その際、「モバイルデータの残量がありません」をタップことで利用開始画面を表示できる

 ここで世界データ定額の利用開始画面が表示された場合は、案内に従って「利用開始」をタップすることで同サービスの利用を始められる。何も表示されない場合は、機内モードのオン・オフを行うことで利用開始画面が表示される可能性がある。

 auでは、これらの端末に対し3月中旬以降にこの事象を改善するソフトウェア更新サービスを提供する予定。