グリーズマンの将来に注目集まる

写真拡大

アトレティコ・マドリードは何とかグリーズマンの離脱を食い止めようとしている。バルサを筆頭に欧州の強豪クラブから複数のオファーを受けているこの選手に対し、アトレティコは契約を更新させるため必死になっていると、スペインの『El Partidazo』が報じた。

同番組によればアトレティコはバルサからのオファーがある事を知りながらも、近日中にグリーズマンに契約条件の向上を提示するという。

「見たところ、グリーズマンとバルサは口頭で移籍に同意している可能性がある。このフランス代表FWの移籍違約金は、2022年までは1億ユーロ(約130億円)に設定されているが、バルサは獲得のチャンスを無駄にしたくないと考えている。」

グリーズマンがゴールを決め続ける限り、アトレティコはバルサをリーガで追い続けることができるだろう。