現在、世界的に一大ブームとなっている「e-Bike」。電動アシスト機能を付けたスポーツタイプの自転車ことだ。日本でもヤマハ発動機(以下、ヤマハ)から販売されているロードバイクタイプの『YPJ-R』は注目を集めたことが記憶に新しい。そんな日本での先駆者ともいえるヤマハがe-Bikeの新モデル4車種をリリースした。早速試乗してきたので、その模様をレポートしてみたい。注目は同社としては初となるマウンテンバイク(MTB)タイプのe-Bike『YPJ-XC』だ!

【詳細】他の写真はこちら

“登りも楽しめる”精度の高いアシスト機能に感動



『YPJ-XC』。価格は37万8000円(税込)。

e-Bikeの中でも海外において人気が高いのは、登り坂を楽にしてくれるMTBタイプだ。山道を楽しむMTBでは登りのシーンが必ずあるため、電動アシストのメリットが感じやすいといえる。特に海外のe-Bikeはアシスト出力が大きいため、モーターの力を活かして山に登り、下りを楽しむスタイルが一般化しているそうだ。日本でもパナソニックの『XM1』など、MTBタイプの電動アシスト付き自転車がいくつか発売されている。



今回発表された『YPJ-XC』は、最新のモーターユニット「PW-X」を搭載している点が最大の特徴だ。ユニット自体が小型軽量化され、MTBらしい運動性の高さに貢献しているほか、精度の高いアシストを可能にしているとのこと。



特筆すべきは、最も高いアシスト力を発揮するアシストモードの「エクストラパワー」である。このモードは、パワフルなだけでなく、乗り手がペダルを踏んだ瞬間にアシストがかかり、ペダルを止めれば瞬時に抜けるという、レスポンスの良さがすばらしい。実際に山道を走っている人ならわかるかもしれないが、「急な登りなのでアシストしてほしいけれど、登り切ったところがカーブしているため、ペダルを止めたらアシストも切れてもらいたい」というシーンがよくある。「エクストラパワー」では、そんな場面でペダルの動きに合わせてアシストがオフになり、アシストを自在にコントロールして登ることができるわけだ。登りが楽になるだけでなく“楽しめる”ようになるのが、『YPJ-XC』の一番の特徴と言えるだろう。

ペダルの動きに正確に追従してくれるので、ペダルを踏んで静止した状態を維持するスタンディングスティルも楽にできてしまう。

120mmストロークのフロントサスペンションに、近年主流となっている27.5インチのオフロードタイヤ、そして幅の広いハンドルで下りの楽しさは抜群。登りも下りも楽しめるMTBに仕上がっている。

バッテリーは36V/13.3Ahの大容量。「エクストラパワー」モードなら85km、「プラスエコ」モードでは225kmものアシスト可能距離を実現している。

ロードバイクタイプでも長距離アシストを実現!



既存の『YPJ-R』『YPJ-C』の2モデルに加え、一気に4モデルが追加され、ラインナップが拡充した「YPJ」シリーズ。スポーツ自転車らしく、新型モデルではS、M、Lの3サイズが用意され、体格に合わせて選べるように。バッテリーから給電できるライトを標準で備えるなど、装備も充実している。

MTBタイプのほかに、ロードバイクタイプの『YPJ-ER』、フラットハンドルの『YPJ-EC』、キャリアやフェンダーなどを装備した『YPJ-TC』の3モデルもラインナップに加わった。こちらも『YPJ-XC』と同じく大容量バッテリーを搭載し、どのモデルでも200kmを超えるアシスト可能距離を実現している。モーターユニットは輸出向けの「PWseries SE」というタイプを搭載する。

ドロップハンドルタイプの『YPJ-ER』は、ディスクブレーキを装備し、安定した制動を実現する。既存の『YPJ-R』ではバッテリーを小型化することで15.4kgという軽い車重を実現したものの、アシスト距離は最大で48kmと限られていた。それに対して『YPJ-ER』は、車重こそ19.8kgと重くなっているが、アシスト可能距離は最大で242kmまで延長されている。ただ、価格は34万5600円(税込)と、『YPJ-R』より約10万円高くなっている。

こちらはフラットなバーハンドルを装備し、初心者でも比較的乗りやすい『YPJ-EC』。ディスクブレーキを油圧式ではなくワイヤー式にすることで28万800円(税込)という価格を実現している。車重は19.9kg。アシスト可能距離は最大222kmとなる。

同じくフラットなハンドルしながら、前後のフェンダーやキャリアを装備し、長距離のツーリングにも対応した『YPJ-TC』。ちょっとした未舗装路でも走れるよう、フロントサスペンションを装備する。一見すると上記の2車種と同フレームのように見えるが、実は設計が変えられており、荷物を満載したような状況でも安定したハンドリングを実現するためにジオメトリーも異なる。車重は22.6kgで。アシスト可能距離は最大237kmだ。価格は32万4000円(税込)となる。

電動アシスト付き自転車のルーツは1993年にヤマハから登場した初代『PAS』と言われている。それから25周年の節目に当たる2018年。そのタイミングでe-Bikeに注力する姿勢を見せるヤマハに先駆者としての意気込みを感じるのであった。

関連サイト



YPJ(ヤマハ発動機)

text増谷茂樹