【世宗聯合ニュース】韓国の環境部と外交部は13日、政策協議会を開き、環境分野の連携を強化することで一致した。

 政策協議会は、気候変動や国連の持続可能な開発目標(SDGs)への対応、環境産業の海外進出など環境分野の国際的な懸案事項について理解を深め、協力を強化するために開かれた。

 両部は環境分野の人材や産業の海外進出を図り、粒子状物質低減に向けた中国との交渉のための情報を共有し連携を続けていく方針だ。

 また、国際社会で政府の気候変動対策への取り組みを積極的にアピールする一方、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の実施指針に関する交渉に向け協力していくことを確認した。