セントレアにAir BIC CAMERAがオープン

写真拡大

 日本空港ビルディングとビックカメラが共同出資するAir BICは3月13日、中部国際空港(愛称はセントレア)に「Air BIC CAMERA 中部国際空港セントレア店」として2店舗をオープンすると発表した。初の出発ゲート内(出国審査場を通過した後のエリア)で店舗を構えることになる。オープン日は、21ゲート横の2号店が4月3日、南館内の1号店が6月1日を予定。

 Air BIC CAMERA 中部国際空港セントレア店では、海外に渡航する旅行客が出国審査後に搭乗するまでの時間を活用して、家電やデジタルカメラ、イヤホン・ヘッドホン、モバイルバッテリ、旅行小物、腕時計などが購入できる。商品価格は、ビックカメラの旗艦店と同等であるほか、搭乗チケットの提示で免税となる。購入したい商品をネットで予約して店舗で受け取るサービスなども提供している。売り場面積は、1号店が約195平方メートル、2号店が約22平方メートル。営業時間は、どちらも7時30分から17時00分まで。