写真=iStock.com/asto80

写真拡大

「プレゼンテーション」に苦手意識をもつ人ほど「プレゼンする機会が少ない」という悩みをもっているようです。しかし6万人以上を指導してきた研修講師の西野浩輝さんは「そう考えている人は捉え方が狭い。『日々是プレゼン』という考え方をもつだけで、プレゼン力は大きく改善する」といいます――。(前編、全3回)

■多くの人が抱えるプレゼンに関する3つの悩み

私はこれまで14年間で6万人にプレゼンテーションの指導を行ってきました。聞き手を魅了するような発表は、限られた人のスキルとお考えかもしれません。しかしプレゼンテーションに天賦の才は必要ありません。どんな人でも「プレゼン力」をつけられますし、その力でビジネス人生を有利にもっていくことができます。

これから「考え方」「やり方」「伸ばし方」の3つにわけて、「プレゼン力のつけ方」について解説していきます。第1回はすべてのベースになる「考え方」についてです。

私が研修の受講者から相談される「プレゼンに関する悩みごと」で、とりわけ多いのは以下の3つです。

(1)いつもアガってしまって、本来の力が出せない。
(2)自信がないので、本番でも落ち着きがなくなり、失敗してしまう。
(3)プレゼンテーションの機会が少ないので、なかなか力がつかない。

この3つの悩みは、「考え方」をちょっと変えるだけですぐに解消できます。プレゼン力を高めるうえで重要なことは「考え方」なのです。

■アガリは克服するのではなく上手に活用する

まず1つ目の「アガリ症を何とかしたい」という悩み。こうした悩みには私はいつも、「アガリ症なんて克服する必要はありません。むしろアガるのは良いことです」と答えています。

お笑い芸人や歌手など、一流のプロと呼ばれる人でも、本番前には相当アガると言います。一流のプロでさえ、アガリを克服するのは無理なのです。だからあなたにも「アガるのは自分だけではない。誰だってアガるんだ」と思ってほしいのです。

大切なのは、アガリをうまく活用することです。私は「ベストなパフォーマンスができるのは『緊張6:リラックス4』ぐらいのときです」と説明しています。

「緊張10:リラックス0」では、カチコチになってしまいます。でも「緊張0:リラックス10」でも良くない。すっかりだらけてしまって、ぐだぐだになります。だからほどよい緊張感をもつことはむしろ良いことなのです。

私たちが、「今アガっているな」と認識するのは、自分の心身の状態が普段とは違うことに気づいたときです。

「アガリ=悪いこと」と捉えている人は、アガリを何とか抑えようとします。しかし繰り返しますが、アガリを克服するのは不可能です。しかもアガリというのは、抑えようとすればするほど高まるもの。これでは「緊張10:リラックス0」になってしまいます。

そうではなくて、「今日は大切なプレゼンなんだから、アガるのは当たり前だよな」と考えるようにします。そしてアガっている状態を無理に抑えようとせず、今日のプレゼンテーションに意識を集中させます。すると「緊張6:リラックス4」のほどよい緊張感を作り出すことができ、ベストなパフォーマンスが可能になるのです。

「アガるのは良いことだ」と考えられる人が、アガリを力に変えることができます。

■自信がなくても自信ありげに振る舞え

次に2つ目の「自分のプレゼンに自信がない」という悩み。この手の悩みについては、「内心は自信がなくても構いません。でも見た目だけは自信ありげに振る舞ってください」と答えています。つまり「俳優になって演じてください」とアドバイスしているのです。

自信のない人が、自信を持つのは大変なことです。しかし自信がなくても、自信ありげに振る舞うことなら可能なはずです。俳優で言えば、普段は心優しい人でも、お芝居や映画では極悪非道な凶悪犯を演じられるのと同じです。

実はプレゼンテーションでは、最初のうちは少し無理をして自信ありげに演じているつもりが、いつの間にかそれが演技ではなくなって、本心から自信を持って話せるようになっていることがよくあります。私もしばしばそうしたことを経験しています。

社会心理学者のエイミー・カディ氏は講演会「TEDGlobal 2012」で、このことについて「ボディランゲージが人を作る」というテーマで話しています。

彼女は心理学の実験で、あるグループの人たちに、2分間いかにも自信ありそうな力強いポーズをとってもらいました。またもう一つのグループの人たちには、身体を縮み込ませて自信がなさそうなポーズをとってもらいました。そしてそれぞれの被験者の唾液を採取して、ホルモンの変化を分析しました。すると前者の人たちは自信の強さを示す「テストステロン」が増加し、後者の人たちはテストステロンが減り、ストレスの強さを示す「コルチゾール」が増加したのです。

つまり内心では自信がなくても、自信ありげに振る舞っていると、脳が「自分は自信があるんだ」と判断し、本当に自信がみなぎってくるようになるわけです。

■日々是プレゼンの意識で仕事に臨む

最後に3つ目の「そもそもプレゼンをする機会が少ないので、プレゼン力がなかなかつかない」という悩みについてです。こうした悩みをもつ方はプレゼンテーションを狭く捉えています。

プレゼンテーションとは、取引先に対して商品提案をおこなうようなフォーマルなものだけではありません。会議での発言も、上司への報告や説明も、パーティや宴会でのちょっとした挨拶も、自分の伝えたいことを相手に伝えるという意味ではすべてプレゼンテーションです。「プレゼンをする機会が少ない」どころか、仕事はプレゼンテーションの連続なのです。「日々是プレゼン」の意識を持ち、どんな場面でもわかりやすく魅力的に話すことを心がけていれば、みなさんのプレゼン力は確実に向上します。

「自分はアガリ症だからプレゼンが下手だ」とか「プレゼン力に自信がないので、本番でも自信がなさそうなプレゼンになってしまう」「自分はプレゼンをする機会が少ないで、プレゼン力がなかなかつかない」といった悩みごとは、実は心の中で自分が勝手に作っているだけなのです。ちょっと「考え方」を変えるだけで、そうした悩みごとはすぐに解消できます。

まずはプレゼンテーションに対する「考え方」を変えてみてください。あなたの考え方が変えれば、あなたのビジネス人生も変わります。

----------

西野浩輝(にしの・ひろき)
マーキュリッチ 社長
米テンプル大学MBA。大阪大学大学院修了。リクルートにて法人向け教育プログラムの営業、商品開発、マーケティングを担当。その後、アメリカン・マネジメント・アソシエーション(AMA)を経て、2003年に創業。これまで約6万人に指導。著書に『仕事ができる人の伝える技術』(東洋経済新報社)などがある。アダットパートナー講師。

----------

(マーキュリッチ 社長 西野 浩輝 写真=iStock.com)