初代iPhoneからXまでの10年を完全網羅した「紙の本」発売
初代iPhone(日本未発売)〜iPhone Xまでの10年の歴史を、おもにハードウェアの進化という観点から網羅した本「iPhone10周年完全図鑑」が出ます。

Appleの自費出版(で合ってますよね?)「Designed by Apple in California」はS.ジョブズ復帰後、J.アイブとタッグを組んでからの20年を抜粋したプロダクトのデザインで見るという内容でした。
関連記事: Apple、S.ジョブズに捧げる「紙の」写真集発売

関連記事: 20年ぶんのデザインの記録はめちゃくちゃ重い!
「iPhone10周年完全図鑑」は、iPhoneにフォーカスしたAppleの10年史と言えます。絶賛、校了作業に追われているっぽい(割にソーシャルの投稿の多い)編集長T太のデスクの様子がシェアされていたのでパクって載せますが、良い子はマネしてはいけません(世の中には関係性というものがあるんですト○セツさん)。

2Gから3Gそして4Gへ、カメラ、ディスプレーの進化など、iPhoneの歴史はスマートフォンの進化の歴史そのものということが改めてわかります。S.ジョブズのプレゼンに毎回ワクワクさせられたのを思い出しますね。



ギーク大好き分解写真もバッチリ掲載。編集長曰く「観賞用」とのことですが、内臓フェチの方はバッテリーの配置やらモジュールの変化を眺めつつ何杯でもいけるのではないでしょうか。



「少数のマニアのためにつくった本です。全144ページのうち、半分近くがiPhoneの分解写真という、四角い穴に丸い杭を打ち込む本。インクレディブル! Boom!!」と同書の編集長、タクタ・ムラカミは述べています。

何にも惑わされることなく突き進んだAppleのクレイジーな10年を紙にまとめたクレイジーな本。元々出版社出の私としては、かような企画が通るカラクリも知りたいところですが、いずれにせよこんな本が出るのは世界広しと言えど日本だけでしょう。クレイジーな発売元はエイ出版、2018年3月19日発売。15周年本も欲しいという人は、いろんな意味で絶対ポチっておかないとです。

※なお、さんざん紙を強調しておきナンですが、Kindle版もしっかり出ます。大丈夫、iPadでも読めます。