画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは3月13日、タブレット端末向けの学習アプリ「Brain+(ブレーンプラス)」2018年版の提供を開始した。収録しているコンテンツ数の違いによって、iPad用「ON-PA2A」と「PB2A」、Windows用「ON-PA2W」と「PB2W」の計4種類をラインナップ。主に学校向けに提供される。

Brain+は、英和辞書や和英辞書、国語辞典、学習参考書など、学習に必要な34コンテンツを内蔵したアプリ。複数の辞書を横断して検索できる「一括検索」や、説明文の中の単語を検索する「全文検索」など、多彩な検索機能を備えている。2018年版では、英語学習機能を強化。英英辞典「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」と「Cambridge Advanced Learner’s Dictionary」を新たに追加した。辞書で調べた英単語の読み上げ機能も改善し、読み上げ速度を5段階で選べるようになった。

学校独自の教材ファイルをアプリに取り込むことも可能だ。たとえば教師から送られてきたPDFファイルをアプリ内に取り込み、フォルダーごとに分けたり並び替えたりできる。単語帳機能では、登録した単語をテスト形式で出題する機能を新搭載した。アプリの対応OSはiOS 9以降、Windows 7 / 8.1 / 10。