写真展「原点を、永遠に。―2018―」が東京都写真美術館に、荒木経惟や篠山紀信らの作品も

写真拡大

写真展「原点を、永遠に。―2018―」が、東京・恵比寿の東京都写真美術館にて開催される。期間は、2018年3月24日(土)から5月13日(日)まで。なお会期中は、3月24日(土)から4月15日(日)までの前期と、4月17日(火)から5月13日(日)までの後期に分かれて開催される。

19-21世期に残された、35歳以下の作家による名作を展示

「原点を、永遠に。―2018―」では、清里フォトアートミュージアム収蔵の1万点の作品の中から、35歳以下の作家が手掛けた409点の作品展示を行う。作家は、19世紀以降の海外の著名な写真家35人、第二次世界大戦以後の日本を代表する31人のアーティストなど、全95名を選出。その中には、W.ユージン・スミスやアンセル・アダムス、荒木経惟らも選ばれ、歴史的な名作が勢ぞろいする。

とに分かれて開催

会期中は、前期と後期に分かれ、それぞれ異なるテーマを持って開催。同作品を使用しながらも、異なる角度から、写真を鑑賞することが出来る。

前期は、<歴史篇>をテーマに掲げ、1886年から2016年までの作品を、撮影年代順に展示。切り取られた時間と共に、青年が時代を切り拓いてきた軌跡を辿る。一方後期のテーマは、<作家篇>。作家名をほぼアルファベット順に展示することで、アーティストひとりひとりの個性や写真の多様性を楽しむことができる。

また、会期中は、写真作家・中藤毅彦やミステリー作家・柊サナカらを招いた、ギャラリートークが開催される。

【詳細】
清里フォトアートミュージアム収蔵作品展「原点を、永遠に。―2018―」
会期:2018年3月24日(土)〜5月13日(日)
※前期:3月24日(土)〜4月15日(日)/後期:4月17日(火)〜5月13日(日)
休館日:毎週月曜日 ※4月30日(月・振)、5月1日(火)は開館
開館時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※木・金は20:00まで
開催場所:東京都写真美術館 地下1階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
入場料:無料

■ギャラリートーク
3月24日(土) 14:00〜15:00 中藤毅彦(写真家)×柊サナカ(ミステリー作家)
3月25日(日) 14:00〜15:00 瀬戸正人(写真家)
4月7日(土) 14:00〜15:00 川田喜久治(写真家)
4月21日(土) 14:00〜15:00/16:00〜17:00 鬼海弘雄(写真家)
※予約不要
※トーク会場=東京都写真美術館 地下1階展示室

【問い合わせ先】
清里フォトアートミュージアム
TEL:0551-48-5599


[写真付きで読む]写真展「原点を、永遠に。―2018―」が東京都写真美術館に、荒木経惟や篠山紀信らの作品も

外部サイト

  • 「六本木アートナイト2018」メインアーティストに金氏徹平、鬼頭健吾、宇治野宗輝
  • 横浜美術館で「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」ロダン《接吻》日本初公開
  • 「恵比寿映像祭」気鋭のアーティストによる展示や国際映画祭受賞作を上映、日本初上陸の名作も