3モデル登場すると予想されている新型iPhone(iPhone 2018年モデル)に対して、既存のiPhoneユーザーの22%が乗り換えを検討していることが調査で分かりました。過去の調査結果などと比較することで、iPhoneの買い換えサイクルからAppleの事業が堅調に推移していくとの業績予測が導かれています。

iPhone Intent to Upgrade Survey Suggests More Predictable Demand | Loup Ventures

http://loupventures.com/iphone-intent-to-upgrade-survey-suggests-more-predictable-demand/

調査会社のLoup Venturesがアメリカで511人に対してアンケート調査を行いました。アンケートに答えた約4割の226人がiPhoneユーザーで、そのうち22%が2018年秋にリリースされるであろう新型iPhoneへのアップグレードを検討していることが分かりました。Loup Venturesによると、新型iPhoneへの乗り換え検討率は、2017年のiPhone Xが23%、2016年のiPhone 7では15%だったことから、2018年モデルへの期待はiPhone X並に高いことが分かります。



さらに調査では、iPhoneユーザーの20%は2019年に、現行モデル(2017年モデル)のiPhone 8もしくはiPhone Xへの乗り換えを計画中だとのこと。とはいえ、乗り換え対象として2018年モデルへの期待は大きいようです。



過去2年間のデータからは、iPhoneの年間成長率は1〜5%の予測可能な範囲に収まることが示唆されており、低い成長率とはいえアップグレードのパターンが予測しやすくなっていることから、投資家にとっては「iPhone事業はサブスクリプションモデル(定額制サービス)として捉えられる」とLoup Venturesは指摘しています。