画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●年間1万人が利用する「食堂車」

寝台特急「北斗星」「カシオペア」の廃止によって、日本の定期列車から姿を消した食堂車……と思われがちだが、食堂車を営業している列車は今もほぼ毎日運行されている。

それが、岐阜県の明知(あけち)鉄道で運行されている急行「大正ロマン号」だ。明知鉄道は、国鉄明知線から転換された第3セクター鉄道で、中央本線の恵那駅から明智駅まで、25.1kmを結んでいる。「大正ロマン号」は月曜を除く毎日運行されている、料金不要の急行列車で、下りの「1号」は、全国で唯一「食堂車」を営業している。

実はこの「食堂車」、ロングシートの気動車に長テーブルを置いただけの簡易食堂車で、利用には5日前までに予約が必要。実態は、各地で運行されているグルメツアー列車とほぼ同じだ。

明知鉄道は、1987年から地元の食材をふんだんに使った郷土料理の弁当を車内でいただく「グルメ列車」を運行してきた。「大正ロマン号」は、それを定期列車化したもの。以前はツアー専用列車だったため一般の乗客が乗車できず、日中に2時間以上も時間が空いてしまっていた。そこで、グルメ列車を定期列車併結とし、さらに「第3セクター鉄道唯一の食堂車を連結する急行列車」とすることで、話題作りをはかったのである。時刻表には食堂車のマークが掲載され、特にJTB時刻表には戦前まで使われていた「和食堂」のマークが復刻掲載された。

○ほぼ毎日運行するのが食堂車の利点

明知鉄道の伊藤温子氏によれば食堂車の利用者は現在年間約1万人。「食堂車」に衣替えしてからは、運行時刻が時刻表や乗り換え案内アプリなどで確認できるようになり、案内がしやすくなって認知度も高まったという。

「人口減少・少子化に対する経営努力には限界があり、いかに観光客を呼び込めるかが重要です。当社の食堂車は定期列車なので、お客様のご都合に合わせて参加していただけます。料金も2,500円から5,500円と比較的リーズナブルなので、気軽に参加できることも利点です」(伊藤氏)

いわゆるグルメツアー列車は、週末・ハイシーズン限定のことが多いが、明知鉄道は月曜を除く毎日、通年運行していることが特筆される。それが、唯一の食堂車と呼べる所以だ。5日前の時点で予約が7人に満たない場合は原則として営業休止となるが、平日でも2週間後くらいまでは、かなり予約が埋まっている。名古屋から1時間という地の利もあるが、ポイントはリピート率の高さだ。

「近年はリピーターのお客様が増えていて、全メニューの制覇にチャレンジするお客様もいらっしゃいます。特に3月までの土曜限定となる枡酒列車は顔見知りの方も多く、今シーズンはすでにほぼ全列車満席です」(伊藤氏)

●複数の業者が腕を振るう、緩やかな競争

2月の土曜日、現地を訪れた。メニューは季節ごとに変わり、この日は地元産の自然薯が食べ放題となる「じねんじょ列車」と、沿線の酒蔵・岩村醸造の銘酒「女城主」が飲み放題の「枡酒列車」の二本立て。列車は3両編成で、一般用、「じねんじょ列車」、「枡酒列車」がそれぞれ1両ずつ割り当てられている。1両の定員は30人で、この日の予約は「じねんじょ列車」が24人、「枡酒列車」は満席の30人と盛況だ。4月になると、看板列車の「寒天列車」と、手軽に参加できる「おばあちゃんのお花見弁当列車」の運行が始まる。

○早朝から提供料理の仕込み

食堂車の準備は、明智駅発恵那行き急行「大正ロマン2号」の車内で行われる。料理は山岡駅併設のレストランと明智のゴルフクラブ、恵那峡の観光ホテルの3社が交代で提供。土曜限定の「枡酒列車」は、花白温泉駅前にある花白温泉の担当だ。複数の業者が担当することで毎日運転を実現し、それぞれが自慢の料理を競うなど緩やかな競争原理が働いている。同じ「寒天列車」でも業者が異なれば細かい献立や味付けが変わり、これもリピーターを増やす要因となっている。

この日「じねんじょ列車」を担当するのは、山岡駅併設のレストラン「山岡かんてんかん」の原田さんと古田さん。朝8時から、店舗で仕込みを行い、山岡駅から食材を積み込んだ。多客時には、早朝6時から準備することもあるという。

「メニューは、みんなで試行錯誤しながら作っています。今日のポイントは、自然薯以外では山岡名物の寒天寿司ですね。こちらの原田さんは寿司名人なんですよ。具が真ん中に来るようにきれいに作ってくださいます」(古田さん)

●隣の車両が気になり、リピートしたくなる

すべての食材がきれいに並べられた頃、列車は恵那駅に到着。一般の乗客とともに60人近い「食堂車」利用者が乗り込む。折り返し時間は10分しかないが、何人かがヘッドマークをつけた先頭車両で記念写真を撮り、それぞれ決められた席に座ると、ちょうど発車時刻となる。

「本日は、じねんじょ列車、そして枡酒列車にご乗車くださり、ありがとうございます。お互い、お隣が気になりますよね」

車内では、アテンダントが料理や車窓風景について案内してくれる。一人しかいないので、マイクを使いながら2両の食堂車を行ったり来たり。マイクを通じて賑やかな空気が伝わってくる。「次回はあっちも試してみよう」という気になり、これもリピーターを増やす要因になっているようだ。

乗客は、愛知・岐阜などの近県からの人が多いが、東京など遠方から来た人もいる。中間点の岩村駅に着く頃には、たまたま乗り合わせた乗客同士、すっかり打ち解け、会話が弾んでいた。これは料理やお酒の力だけではなく、ロングシートに秘密がありそうだ。普段は旅人から敬遠されがちなロングシートだが、長テーブルを挟むと絶妙な距離感で、ある程度プライバシーを守りつつ気軽に会話できる。

○「食堂車」をきっかけに地域をPR

急行「大正ロマン1号」は、普通列車よりも4分遅い、53分で終着・明智駅に到着。時刻は13時過ぎで、食堂車の利用者には一日乗車券が配布されているので、この後は自由に明知鉄道の旅を楽しめる。特に枡酒列車は、枡が乗車券になっているのが楽しい。ただし、「酔っ払って忘れてしまう方が多い」(伊藤氏)のだとか。

「食堂車は、普段のレストランよりもお客さんとの会話を楽しめるのが良いですね。色々な方と出会えて、お客さんにも明知鉄道のことが知られていくのが嬉しいです」

「珍しいローカル鉄道の食堂車」という話題性から人が集まり、それをきっかけに町を知り特産品を味わい、沿線を歩いてくれる。様々な業者が、メニューと味を競うことで、1度ならず何度も訪れてくれる……。明知鉄道が30年育ててきた「大正ロマン号」の食堂車は、地域をPRする最適なメディアとなっていると言えそうだ。