写真=iStock.com/imtmphoto

写真拡大

相手の態度は、ちょっとしたテクニックひとつで変わる。シンプルなのに効果満点な「心変わりの方程式」を6つの場面別に識者へアドバイスを求めた。第5回は「偉い人にアピール」について。選挙戦略家、InStyle社長の鈴鹿久美子氏に聞いた――。

■話す早さ、笑顔で信頼を勝ち取る

私たちは初対面の相手を一瞬で「自分の邪魔をする人」か「自分の役に立つ人」かを常に見分けています。私が身を置いている政界やビジネスシーンでも、この一瞬が印象を左右します。政界若手ナンバーワンの小泉進次郎氏は自分がどう見えているかを客観視し、相手によって声のトーン、服装、髪形、そして話題まで細かに調整しているのです。

相手に与える印象で重要なのが清潔感・安定感・信頼感です。なかでも最重要なのは信頼感で、特に目上の人の信頼を勝ち取るには服装、話す早さ、笑顔が重要。「誰に、どう見られたいのか」という柱を決め、「魅せる」印象を操作することで2割も3割も魅力を増幅させられます。

ビジネス社会も「選択される」という意味では戦場です。服装は勝負のときに自分を強く勇ましく見せてくれる“鎧”です。鎧は自分の身体にぴったり合っていることが大原則。ダンディーで知られる麻生太郎財務大臣が「権威があるのにチャーミング」に見えるのは、サイズも色も素材もぴったり合った鎧だからです。シャツの襟とジャケットの襟の重なり、袖口から見えるシャツの分量まで「魅せたい姿」が完璧につくられています。

ビジネスマンにとって「胸元」は経歴と権威、そして色気を表現する重要なポイントです。特にネクタイは剣。目上の人にアピールする場合、柄は相手から見て右肩上がりのストライプにしましょう。ストライプには「斬る」イメージがあります。改革や革新、希望を印象付けるのに効果絶大です。

また、笑顔は「立場の信頼」を勝ち取るポイントです。まず口角を引ききること。そのうえで、相手から見える歯の本数で3種類の立場を印象付けます。0本=組織のリーダー、4本=信頼される上司、8本=同僚、部下です。政治家のポスターでは、「党首・総理」は口を結び、新人候補者は親しみを出すために歯は8本。歯が4本は経験と自信を表し、目上の人の信頼を得るのに最強です。

そして会話では、話す早さと頷き方が重要。リーダーはNHKのニュースと同じ1分間約300文字。エネルギー溢れる部下を演出するならバラエティー番組の340文字/分です。そして頷きと沈黙を使い分けましょう。真剣さを伝えるには、頷くのはゆっくり1回。何回も「うんうん」と頷くと相手に迎合しているような印象を与えてしまいます。頷く直前に3秒の「沈黙」を入れると信頼感は一気にアップします。「しっかりと取り組ませていただきます」と言葉を添えれば、魅力倍増確定です。

----------

▼どんな人からも一瞬で好かれる笑顔
印象は「見える歯の数」で決まる

(左)リーダーシップ:0本
政治家では口を結んだ「党首・総理」のポスターに多い。リーダーとしての意志と決意を表す

(中)信頼:4本
当選2期目以降の政治家に多い笑顔。余裕を感じさせ、経験とさらなるチャレンジを表す

(右)親しみやすさ:8本
新人候補は警戒心を取り除き、有権者との距離感を縮め「安心できる存在」をアピール

----------

----------

鈴鹿久美子
選挙戦略家、InStyle社長
元国会議員秘書等を経て現職。議員秘書の人材紹介・養成、政治家のブランディングを手がける。著書に『会う人すべてがあなたのファンになる 一流の魅せ方』。
 

----------

(選挙戦略家、InStyle社長 鈴鹿 久美子 構成=吉田茂人 撮影=奥谷 仁 写真=iStock.com)