2013年の今日、グーグルでアンドロイドプロジェクトを長年率いてきた“アンドロイドの父”、アンディ・ルービン氏が担当責任者を辞任し、新たにサンダー・ピチャイ氏が就くことが発表されました。ルビン氏はグーグル内で別のプロジェクトに携わるとしていましたが、2014年に退職をしました。

アンディ・ルービン氏(左)とサンダー・ピチャイ氏(右)(「INTERNET Watch」2013年3月14日付記事より)

出典:「INTERNET Watch」2013年3月14日付記事
『GoogleのAndroid担当責任者が交代、Andy Rubin氏は別プロジェクトへ』

▼「TIMEMAP」で深読み
『アンディ・ルービン』と『Android』と『グーグル』の足跡をたどる


「今日は何の日」について(インプレスグループ創設25周年企画)

「今日は何の日」は、INTERNET Watchのバックナンバーから、今日という日付に起きた注目すべきニュースを取り上げて解説するシリーズコンテンツです。一般社団法人タイムマップの時系検索エンジン「TIMEMAP」の協力で実現しました。(時限企画:2018年3月まで)