まるで90年代トレンディドラマの、主人公のような男がいる。

彼の名は、一ノ瀬瑛太。ニックネームは“イチエイ”。

華やかなイメージの広告代理店の中でも、「エリート」とされる、大手自動車メーカーの担当営業だ。

慶應義塾大学卒業。港区の大手広告代理店勤務。“花の第1営業部”所属、35歳、独身。

エリート街道をひた走ってきた瑛太は、このまま順調に出世できるのか…?

これは、東京でしのぎを削る30代サラリーマンの、リアルな心の叫びである。




「いらっしゃいませー!」

木曜日の夜。

瑛太は、第1営業部・通称「1営(イチエイ)」で1つ下の小田原航(おだわら わたる)と、3つ下の松浦浩輝(まつうら ひろき)と一緒に、西麻布の『CHECK』で、“会合”を開いていた。

広告代理店の社員は、クライアントとの接待や社内の懇親会も、女の子との食事会も、そしてデートまで、全てを“会合”と呼ぶ。

先輩から残業を命じられても「すみません、今日ちょっと会合が入っていまして…」と言って、残業を回避しつつ食事会を楽しんでいるなんてことは、よくある話だ。

「花の第1営業部、通称“イチエイ”所属。一ノ瀬瑛太です。35歳、独身。その名の通りみんなからは『イチエイくん』って呼ばれてます。今日も楽しく飲みましょう!いらっしゃいませー!」

乾杯の時「いらっしゃいませー!」というのが瑛太の口癖だ。

浩輝と航は、そんな瑛太を見てうんざりした表情を見せながらも、淡々と会を進行していく。

「それにしても瑛太さん、今日はいつもよりもテンション高いな」

「たしかに。やっぱり今日は相手がモデルだからかな。瑛太さんモデル好きだからなぁ」

浩輝と航がヒソヒソと話している姿を見て、すでに少し酔っ払った瑛太が絡みにいく。

「いや〜実は俺、今日本部長から呼ばれたんだよ」

瑛太は、気を抜くと緩みそうになる頬に、ぐっと力を入れながら、ご機嫌な理由を話し始めた。


いつもよりテンションが高い瑛太。そのワケとは?


「実はな、明日の朝、1対1で時間が欲しいって本部長に言われたんだ。今度、新車の広告キャンペーンの競合プレゼンがあるのは知ってるだろ、なんかそれに関する話らしい。

もしかしたら、いよいよ俺もリーダーを任されるかもな。今回の競合は新型車のキャンペーンだから予算規模も今年最大だし、これに勝ったら、また同期初の部長昇格に一歩近づくよ!」

瑛太の会社では、45歳前後で部長になる人が多い。

ただし、一部の優秀な社員は40歳を待たずに部長に昇格し、噂ではそれが役員になる通過点とも言われている。瑛太は密かにその座を狙っている。

だが、チャンスが回ってきたからと言って、気を抜いたら一瞬で終わる。一度競合プレゼンに敗れると、次にそのチャンスが回ってこないこともあるからだ。

チャンスにリスクはつきもの。

これまでの人生、常にエリート街道を歩いてきた瑛太は、自信満々にそう考えている。

「お前らにもいっぱい頑張ってもらわないとな。という訳で、もう一回みんなで乾杯しよう!乾杯―!!」




「よ!瑛太“部長”」

「バカお前、気が早いよ!」

茶化してくる航と浩輝をたしなめるが、瑛太だってまんざらでもない。

「え?なに、瑛太くん、部長になるの?おめでとう!じゃあお祝いにみんなでシャンパン空けよ!もちろん瑛太くんの奢りで!」

今日の“会合”の女性側の幹事であるモデルの夏美は、抜け目なくシャンパンをおねだりする。

「しょーがねーなー、じゃあシャンパン入れて、もう一回乾杯するか!」

大学時代はテニスサークルの代表も務め、後輩の面倒見もいい瑛太。“会合”になるとついつい調子に乗って、奢ってしまう“良い先輩”だ。

新卒当時から日本の平均年収の倍近い給料をもらい、今や年収1,500万を超える瑛太だが、こうした“会合”でトータル数千万円は浪費してきた。

-ゆくゆくは役員か。この際、最年少役員を狙うっていうのも悪くないか。

酔っ払って薄れる記憶の中、瑛太は満足気な笑みを浮かべていた。



「瑛太さん、昨日はありがとうございました!それにしても、今日は一段と出社早いっすね」

翌朝瑛太が出社すると、同じ部署の航が朝イチで席までやってきた。

フレックスタイムで働いている瑛太は、普段であれば11時近くに出社することも珍しくない。

ただ今日に限っては、瑛太は朝早くからデスクに座って、忙しく作業をしていた。

「このあと9時から本部長に呼ばれてるからな。それにもしかしたら、今日の午後からプレゼン準備で忙しくなるかもしれないだろ。だから今のうちに色々と整理しておこうと思って。これ以上忙しくなるのは嫌だなー」

そう言いつつ、瑛太の顔からは自然と笑みがこぼれる。

「あ、そろそろ時間だ。じゃあちょっと俺、本部長室行ってくるわ!」

ジャケットをきっちり着込み、いざ出陣といった面持ちで、瑛太は本部長室に向かった。

営業本部長、それは概ね10前後の営業部を束ねる「営業部」のトップ。次期役員といっても過言ではない。

1対1で話すなんて滅多にない相手なだけに、いつもはおちゃらけている瑛太も、少しの緊張を感じながら本部長室のドアをノックする。


緊張の本部長面談。瑛太が告げられたこととは??




「失礼します。一ノ瀬瑛太、入ります」

「おお一ノ瀬、忙しいところ悪いな。ちょっとそこに座ってくれ」

本部長は、落ち着いた様子で目の前の椅子を指差した。そして、瑛太が椅子に座ったのと同時に口を開いた。

「勘の良い一ノ瀬のことだから気づいているかもしれんが、今度競合プレゼンがある。新型車のキャンペーンということもあって、予算も今年で最大だ。絶対に負けられないこの競合プレゼン、一ノ瀬にチームリーダーをやってもらおうと思う。どうだ、やってみないか?」

競合プレゼンの、チームリーダー。

もちろん競合に勝てば部長昇格への大きな足がかりとなるが、負けると大きく後退する。どっちに転ぶかわからない。

ただひとつだけ分かっていることがある。

この機会を逃すと、次にいつチャンスが回ってくるかわからない。

瑛太の心は決まっていた。

「もちろんやらせて頂きます!絶対に勝って、ご期待に添えるよう、頑張ります!」

瑛太は力強く答える。

「そうか、良かった」

本部長はゆっくりと頷いたあとに、ある条件があることを付け加えた。

「クライアントからのオリエンによると、今回のキャンペーンは、デジタル戦略中心でプランニングして欲しいということだ。一ノ瀬、お前はテレビにはめっぽう強いが、デジタル戦略のことは、正直全然わからないだろ。だから今回は、同じ部の小田原航をサブリーダーにしたいと思う。二人で力を合わせて頑張ってくれ」

昨日も一緒に飲んでいた航は、デジタル戦略専門部署の出身。したがって、デジタル戦略に関しては、部署で一番詳しい人材だ。

-まさか、航がサブリーダーか。しかもデジタル戦略が中心のキャンペーン…。

これまでの広告キャンペーンは、「マス広告」と呼ばれる、テレビに代表されるマスメディアを活用したキャンペーンが主流だった。

瑛太はテレビ専門の部署の経験が長く、そういった意味でも部署の中で中心的な存在だった。

しかし、昨今広告のトレンドも移り変わり、デジタル戦略を重視するクライアントが増えてきている。

「瑛太さん!」

席に戻ると、同じタイミングで部長から話を聞いたという航が声をかけてきた。

「今度の競合、一緒に頑張りましょうね!」

チームリーダーを任された競合プレゼンが、航の得意なデジタル戦略。いつもだと頼りになる後輩の航に手柄を取られるかもしれない…。そんな焦りが、無意識のうちに芽生える。

瑛太は初めて、航が自分の出世を脅かすライバルに見えた。

▶Next:3月20日 火曜更新予定
早くも部長昇格に暗雲?後輩・航が大活躍。