開園35周年を迎える東京ディズニーリゾートが、アトラクションやメニューの統計をもとにしたユニークなインフォグラフィックを公開。ゲストが口にした人気メニューや開園当時から親しまれているアトラクションが35年間で積み重ねてきた歴史を、ちょっと変わった指標で紹介しています。

データによると、これまで東京ディズニーリゾートで販売されたピザを積み重ねると、その高さは東京ディズニーランドにあるシンデレラ城の約1万8000塔分に相当するそう。また、これまで販売されたポップコーンを東京ディズニーシーにあるプロメテウス火山の体積に換算すると約4.6個分に。巨大なポップコーンの山を思い浮かべると、その圧倒的な量が何となくイメージし易いでしょうか。

さらに、スペース・マウンテンのロケットの累積飛行距離は、地球と月の間を約25往復した計算に。イッツ・ア・スモールワールドで『小さな世界』を聞いた(アトラクションに乗った)人数は、日本の人口が2回ずつ聞いた人数に相当する約2億6000万人となります。その距離や体積、回数に、35年間で自分がどのくらい貢献したのか思い返すのも楽しいですね。

東京ディズニーリゾートでは、2018年4月15日から2019年3月25日までの345日間にわたり、アニバーサリーイベント『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』を開催。35周年ならではの“Happiest”な体験ができるプログラムを用意し、ディズニーの仲間たちがゲストを出迎えます。

『東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”』:
http://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/tdr35th/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』