田中みな実

写真拡大

12日放送の「ひるキュン!」(TOKYO MX)で、MCのフリーアナウンサー・田中みな実が、同番組の飲み会費用を全額負担していたことが分かった。

番組では「後輩との飲み会で会計はどうするか」をテーマに、共演者たちが意見を交わしていた。「おごる」派の田中はTBSアナウンサー時代、頻繁に後輩と飲みに行っていないという。だが、2〜3人の「一緒に行きたい後輩」と食事した際は全額支払っていたそう。すると、共演者のタレント・いとうまい子が「みな実ちゃん、先輩でもおごっちゃうからね」とチクリ。

田中が「この番組は、すごく難しくて、私よりも年上の方々と共演しているんだけども、一応たぶん私が“座長”でやらしてもらってるってところで…」と釈明するも、いとうは「プラス、ギャラもいいしね。私たちより」とからかう。ふたりのやり取りにスタジオから笑いが起こる中で、田中が「本当にそんな(ギャラは)もらってないです」と小声で主張した。

その後、アシスタントのタレント・徳光正行が、店を予約した人が会計を支払うと提案。すると、いとうが同意し、田中のエピソードを話し始める。番組メンバーで飲み会をしたとき、いとうが店を予約したため、支払いもするつもりでいたそう。ところが、先に帰った田中が支払いを済ませていたと不満げに明かしたのだ。

当時の行為を、田中が説明する。先に帰る際、自分の会計だけ払うのも「ダサい」ように感じ、全額支払ったのだと告白。それを聞いたいとうは「全員の分はね、いらなかったんじゃないのかな?」「気を使いすぎ」と注意していた。

【関連記事】
田中みな実が見せた“義理魂”…番組エキストラにまで手作りバレンタイン
山口達也の金銭感覚にメンバー驚き 後輩におごる際「高い」と思う額は12万円
坂上忍が飲み会で割り勘を迫る年長者にチクリ「だったら偉そうにするな」