イモトアヤコ

写真拡大

11日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、お笑いタレントのイモトアヤコが、歌手・安室奈美恵を絡めた企画を提案した番組スタッフに反論した。

番組では、「珍獣ハンターイモトワールドツアー」のコーナーで、イモトが中国の雲南省と湖南省を訪れ、絶景をリポートした。

その中で、雲南省・羅平県にある世界最大の菜の花畑を紹介。東京23区とほぼ同じ面積が菜の花で埋め尽くされているという絶景の中で、番組側は「安室ちゃん名曲プレイバック」と題した特別企画を用意していた。これは、今年9月に引退する安室を盛り上げるため、絶景を背景にイモトが安室の曲を歌っていくというもの。

しかし、イモトは苦笑を浮かべ「ちょっと待って。それはどうだろう…」とスタッフに物申す。イモトは、番組側の希望は理解するとしながらも「安室さんをね、ネタにして(自分の)尺を稼ごうとかいう気持ちはひとつもない」「(安室の引退に)便乗しているというか…」と反論。さらに、視聴者からのクレームも恐れ「ヤダよ! 嫌われたくないよ〜!」と嘆いた。番組VTRによると、イモトの抗議は15分も続いたそう。

結局、イモトがファン目線で選んだ、安室のあまり知られていないが「すごくいい曲」を歌うことを提案。イモトは「そこだけは譲れない!」と言い切るも、イモトが歌うことに変わりはないため、VTRをスタジオで見ていたウッチャンナンチャンの内村光良は「お前が歌うのかよ!」とツッコミを入れていた。

【関連記事】
イモトアヤコ 「イッテQ」ロケ出発前に成田空港で必ず食べる物
「がっかりした」イモトアヤコのスタッフへの暴言暴挙に番組側が嘆き
「だからなめられる」イモトアヤコが南極大陸で外国人ガイドに怒り爆発