あとで読みたい記事は「リマインダー」に登録が絶対便利! Siriですぐに記録できる:iPhone Tips
iPhoneでウェブ記事を読んでいるとき、急な用事で呼び出されたらどうしますか? 慌ててページを閉じると、元のページを見失ってしまうことも。そんなときは、Siriを使って閲覧中のページを「リマインダー」アプリに記録する方法がおすすめです。

「このページをリマインド」とSiriにお願いする


閲覧中のページを「リマインド」アプリに記録するには、まずページを表示したままSiriを起動します。次に、「このページをリマインド」と話しかけてください。

▲ページを開いた状態で、Siriを起動する(左)。「このページをリマインド」と話しかける(右)

「リマインダー」アプリを開くと、該当のページが記録されていることがわかります。元のページに戻るには、「Safari」のアイコンをタップしましょう。


▲「リマインド」を開くと、先ほどのページが項目として表示されるので、アイコンをタップ(左)。元のページが表示された(右)

Siriを使った方法なら、時間がないときも瞬時に閲覧中のページを記録できます。なお、この方法はウェブ記事だけでなく、「メッセージ」アプリでも利用可能。用事に追われ、メッセージの送り先や内容を忘れても、「リマインダー」アプリに記録しておけば元の作成画面をすぐに表示できます。

記録方法は、メッセージのページでSiriを起動して「このページをリマインド」と言えばOKです。


▲「メッセージ」の作成画面でSiriを起動(左)。「このページをリマインド」とSiriに話しかける(右)


▲「リマインド」からメッセージの項目を確認できた。「メッセージ」のアイコンをタップする(左)。元のメッセージ作成画面が表示された。作成中の文面もそのまま表示される(右)