画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LLVMプロジェクトは2018年3月8日(米国時間)、「[llvm-dev] LLVM 6.0.0 Release」において、LLVMの最新版となる「LLVM 6.0.0」の公開を伝えた。LLVM 6.0.0の主な特徴およびドキュメント、ダウンロードサイトへのリンクは次のとおり。

retpoline Spectre variant 2マイグレーション機能の導入

WindowsにおけるCodeViewデバッグインフォの大幅な改善

AArch64で-O0が指定された場合にGloballSelをデフォルトでセット

いくつかのx86マイクロアーキテクチャにおけるスケジューリングの改善

-std=gnu++14をデフォルト化

C++2aのいくつかの機能に対応

最適化機能の改善

新しいコンパイラワーニングの導入

LLVM 6.0.0リリースノート

Clang 6.0.0リリースノート

Extra Clang Tools 6.0.0リリスノート

LLD 6.0.0リリースノート

LLVM 6.0.0ダウンロード

LLVMは人気の高いコンパイラインフラストラクチャで、さまざまなベンダーやプロジェクトがLLVMをデフォルトのコンパイラとして採用しつつある。LLVMの開発も活発で、コンパイラが高速、エラーメッセージがわかりやすい、バイナリの性能も高いなどの特徴がある。