スーパーで安価にまとめ買いできる定番食材のひとつ、鶏むね肉。毎日の食卓のオカズ用にはもちろん、低カロリーなダイエット食材としてもお馴染みですが、実はお酒のおつまみにアレンジしても結構優秀なんです。

ということで今回ご紹介するのは、鶏むね肉をチンするだけで美味しいチキンジャーキーが大量に作れるレシピ。最近サラダチキンでジャーキーを作るレシピが話題になりましたが、鶏むね肉から作ることでさらに低コストで沢山作ることができます。低糖質で罪悪感ナシ、お酒がグイグイすすむ一皿が即できちゃうんです。コスパ的にも優秀なので、ぜひ試してみてください!

鶏むねを薄く切ってペッパーをかけるだけ

用意するものは鶏むね肉1枚と黒胡椒、塩だけ。調味料はお好みで、ハーブミックスソルトなどを追加するのもおすすめです。

まず、鶏むね肉をなるだけ薄くカットします。繊維に沿って裂くようなイメージで、一口サイズにしていきましょう。皮はそのままでも大丈夫ですし、邪魔なら取り除いてもOKです。

お皿になるべく重なり合わないように並べたら、胡椒と塩を強めに振ります。調味液に浸けて下味を付けるといった面倒な工程は飛ばしてますから、ここはガツンと振っておきましょう。

お皿に並べた鶏むね肉を、ラップをせずに500Wのレンジで6分チンします。こんな感じに水分が抜けて縮んでくるので、並べた鶏むね肉をざっくりと裏返し、さらに追加で5分ほどチンしましょう。

水分が飛び切って、硬めにパリッとした食感になったら完成! ちゃんと燻製して作ったチキンジャーキーの旨味には及びませんが、臭みもなくペッパーがピリッと効いて、いくらでもつまめるようなヘルシーおつまみに変身してくれるんです。

薄めにカットするのがちょい面倒かもですが、カリッとした歯ごたえのお酒のアテが欲しい時には重宝すること間違いなし。一度鶏むね肉の塊のまま火を通して手で裂いてもいいかもしれません。もうちょい柔らかめの食感が好みの場合は、レンチン時間は少し短めで。機種によっても加熱時間は異なるので、お家のレンジに合わせて微調整してみてください〜。