JR小松駅前の公立小松大学・中央キャンパス

写真拡大

 四年制大学の「空白地」だった石川県・南加賀地区に4月、小松市が設置する公立大学法人「公立小松大学」が開学する。短期大学と看護系専門学校を再編・発展的に解消して四年制大学を新設する珍しいケースで、地域の自治体、企業と交流・連携した教育を通じ、高度な専門能力を持つ職業人の育成を掲げる。人材不足に悩む地元企業は開学を歓迎。学生の地元定着に期待を寄せる。

 前身は公設民営で設立された小松短期大学(1988年開学)と、こまつ看護学校(1995年開学)。公立小松大学は両校の教育内容を継承し、3学部を設置する。

 小松短大は粟津キャンパス(石川県小松市)として、生産システム科学部1学科2コースで構成。南加賀地域はコマツが建設機械の生産拠点を構えており、協力企業100社を越える企業城下町でもある。地域の産業構造を踏まえ、IoT(モノのインターネット)に対応できる高度な専門知識を身に付けることを目指す。

 こまつ看護学校は末広キャンパス(同)として保健医療学部2学科を設置し、このうち臨床工学科を国公立大学で初めて設ける。また、JR小松駅前の複合ビル「こまつアズスクエア」に中央キャンパスを置き、国際文化交流学部1学科2コースが入居する。

 設置者の小松市は「産学官の連携や地域との共創で、世界とふるさとで活躍するひとづくりを力強く進める」(和田愼司市長)とできる限りの支援を約束する。

 地元で開学する四年制大学に、地域の中小企業も期待を寄せる。「グローバル人材を育ててほしい」と希望するのは、化学繊維の加工製造を手がけるサンコロナ小田(小松市)の小田外喜夫社長。「当社なら海外でも仕事ができる。学生は地元企業へも目を向けて」と要望する。

 「インターンシップ(就業体験)や講義など、さまざまな面で協力したい」と連携に前向きなのは、ライオンパワー(同)の高瀬敬士朗社長。電線加工機のほか、医療機器も製造しており、「保健医療学部とも連携できるのでは」と意欲を示す。

 受験生からの注目度も高く、一般入試の倍率はA・B日程の合計募集人員180人に対して、志願者数は1513人と8・41倍の倍率だった。

 若者の地元定着という期待を背負いつつ、優れた人材の輩出と産学官の拠点としての役割も担う公立小松大。取り組みに注目していきたい。
(文=金沢・本荘昌宏)