"新しい紙"で世界の常識覆す「中卒社長」

写真拡大

石灰石から、紙の代替品をつくる会社がある。紙の原料である木材だけでなく、製造に使う水を98%削減することができるという。米国、インド、サウジアラビアなど世界が注目するその技術とは――。

■石灰石を主原料にした紙・プラスチックの代替品を開発

【田原】山崎さんの会社は、LIMEX(ライメックス)という新素材を開発したと聞きました。いったいどんなものですか。

【山崎】石灰石を主原料とした新素材で、紙やプラスチックの代替になります。LIMEXからつくったシートは、紙と同じように切ったり、印刷することが可能です。いまお渡しした名刺もLIMEXでできています。

【田原】これ紙じゃないんですね! 紙ではなく、LIMEXを使うメリットは何ですか。

【山崎】まずはエコ。普通紙を1トンつくるには、樹木約20本と水約100トンが必要です。一方、LIMEXシート1トンなら、石灰石0.6〜0.8トンとポリオレフィン樹脂0.2〜0.4トンでいい。

【田原】木材の節約になる?

【山崎】木材もそうですが、より重要なのは水ですね。日本は水資源が豊富な国なので実感しづらいですが、いま世界では水資源の枯渇が危惧されています。たとえばOECDは、2050年までに世界の40%の人が深刻な水ストレスのある地域に住むことになると予想しています。また、ダボス会議でも、今後10年で起こりうるリスクの中でもっとも大きいのは水だと警告された。製造に水をほとんど使わないLIMEXは、水資源に優しい素材です。

■ペーパーレス化の一方、世界の「紙」の需要は増えていく

【田原】でも、水資源を守りたいなら、IT化を進めてペーパーレス社会にしたほうが早いんじゃない?

【山崎】よくそう言われます。でも、世界的に見ると、紙の需要は今後減るどころか増えていくんです。いま日本は1年間に1人あたり約210キロの紙を使っています。アメリカは、もっと多くて約220キロ。それに対して、中国は約75キロで、インドは約10キロです。仮に先進国でペーパーレスが進んで半分の100キロになったとしても、100キロに満たない多くの国では引き続き紙の需要が伸びていく。いまの人口増加と産業化のペースでいくと、30年には現在の倍の量の紙が必要になると試算できます。

【田原】水資源が豊富な地域で紙をつくって運ぶのではダメなんですか。

【山崎】中国やインドのような広大な国では、水資源の豊富な沿岸部でつくったとしても、内陸部に運ぶのに物流コストがかかります。一方、LIMEXは水資源が必要なく、主原料となる石灰石はどこにでもあるから、場所を問わずにつくれます。たとえば17年の3月に、サウジアラビアの国王が来日しましたよね。そのとき私たちや日揮は、サウジアラビア国家産業クラスター開発計画庁とLIMEX事業展開検討の基本合意をしました。ご存じの通りサウジアラビアは国土の大半が砂漠で、水や木が極端に乏しい。でも、そのような国でも石灰石は豊富にあって、LIMEXを大量生産できる。同じように水資源が乏しい地域を含め、いま世界中から300を超える問い合わせをいただいています。

【田原】エコのほかにもLIMEXが紙より優れている点はありますか。

【山崎】耐久性と耐水性に優れています。たとえば、水の中に1日中浸けておいても弱くなって破れたりしません。価格競争力がついて安くつくれるようになれば、かなりの部分を代替できるんじゃないでしょうか。

【田原】本やノートに使われる紙はどうですか?

【山崎】紙じゃなきゃダメなものは残ると思います。いまの段階で代替するのは、もう少し高機能なものです。たとえばいま実際に普及し始めているのが飲食店のメニュー。お店に行くと、メニューを印刷した紙をラミネート加工して置いてあるところが多いですよね。ラミネート加工するのは、飲み物をこぼしたりして汚れやすいからですが、LIMEXならラミネートは不要。お醤油をこぼしても、さっと拭けば問題ありません。

【田原】先ほど、プラスチックの代替品にもなるとおっしゃった。いま机の上に置いてある容器がそうですか。

【山崎】はい、これらの容器類はすべてLIMEXでできています。100%石油由来のプラスチックをLIMEXに代替すれば、石油資源の節約になります。さらにいまは建築資材や住宅設備への応用も研究開発中です。石灰石はセメントの材料。もともと建築素材と親和性が高いので、開発はしやすいです。

■大阪・岸和田生まれ。前職は大工、中古車販売……

【田原】山崎さんは大阪・岸和田の生まれ。当時はどんな子どもでした?

【山崎】なんといいますか、あんまり勉強を一生懸命やるタイプではなかったですね。それよりも仲間たちと遊んでいるほうが楽しいという……。

【田原】いわゆる、やんちゃ坊主?

【山崎】まあ、そうです。中学卒業後は、大工の見習いになりました。べつに大工になる夢があって高校に進学しなかったわけではないです。勉強するモチベーションがなくて進学しなかったので、何か仕事をしないといけないと大工見習いになりました。

【田原】大工さんはどれくらいやっていたの?

【山崎】3〜4年です。工務店で土木も含めていろんな仕事をやりました。20歳のときには自分で独立して中古車販売の会社を始めました。

【田原】どうして自分で事業をやろうと思ったんですか。

【山崎】当時の僕の頭では、大企業に勤めることは難しい。ただ、起業家になって大きな会社をつくることだったら可能性がないわけではない。それなら1度きりの人生、チャレンジしてやろうと。あと、当時、僕のまわりには、学校に行かずに後悔している人たちがけっこういました。少し上の人たちは、子どものころの自慢話はポンポン出てくるけど、いま何をやっているのかという話になると、うつむいてしまう。みんな向上心を失ってしまうんです。そんな中で、学校に行かなくても何かやれるんだということを後輩たちに示したかった、という思いもありました。

【田原】起業するにしても、建築ではなく、どうして中古車販売を?

【山崎】僕もそうでしたが、田舎なので、18歳になったらみんなたいてい免許を取るんです。だから地元で中古車の需要が高いことはわかっていました。

【田原】中古車を売るのは、まず仕入れなきゃいけませんね。そのノウハウや資金はどうしたんですか。

【山崎】僕らは先に注文をもらってから車を仕入れていました。中古車の仕入れはオークションが中心で、オークションは業者の規模に関係なく個人商店でも落札できます。仕入れから納車して代金をもらうまで時間があるので、そこは運転資金が必要。最初に数百万円を借金しました。

【田原】先に注文って、どうやって注文を取るんですか。

【山崎】地元の友人に紹介してもらったり、いろいろなところで声をかけたりですね。たとえば居酒屋に行って隣の席で車の話をしてる人がいたら話をしたり、コンビニで車の本を読んでいる人がいたら名刺を渡したり。逆に、家の前で洗車してる人に「この車売ってくれ」と声をかけたこともあります。当時はとにかく動けば営業という感じでした。

■孫正義の講演「兆のつく仕事をやれ」で火が付いた

【田原】手当たりしだいに声をかけて、どのくらい買ってくれるんですか。

【山崎】かなりの割合で買ってくれましたよ。3〜4割はいっていたんじゃないですか。

【田原】そんなに! 山崎さんは口説きがうまいんだね(笑)。じゃあ、会社は順調にいった?

【山崎】はい。もともと友達と2人で始めて、3年後には7〜8人の会社になっていました。ただ、そのころから徐々に友達や後輩に仕事を譲るようになりました。僕らがビジネスをしていたのは、田舎の小さなネットワークの中。うまくいって注文が殺到するようになりましたが、僕に偏りすぎると、ほかの友達や後輩が食えなくなる。だから少しずつフェイドアウトしました。

■バチカンで気付いた、人生を懸ける仕事

【田原】やめて次は何を?

【山崎】先輩が建設会社を経営していたので、取締役として入って営業をしていました。どこかのゼネコンが公共工事を落札したら、そこに行って仕事をくれと頼むような仕事です。これは4〜5年やりました。

【田原】20代の最後に、いまの仕事につながる転機があったそうですね。

【山崎】ロンドンでIT系の会社を経営している知り合いの社長に誘っていただき、初めてヨーロッパに行きました。ロンドンからローマに渡り、そこでバチカンを見て衝撃を受けました。僕が大工のときに建てていた建物はスクラップ&ビルドで、新しいものほど評価されました。ところがバチカンでは、つくるのに何百年もかけて、さらにそこでは昔と変わらない暮らしがいまも行われている。この景色に比べると、人1人の人生はあまりにも短い。そのことに気づいて、自分が死んだ後にも引き継がれて完成していくような大きな仕事に人生を懸けようと決心しました。

【田原】当時やっていた建築の仕事は、人生を懸ける仕事ではなかった?

【山崎】そうですね。グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億〜1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。

【田原】それで山崎さんはどうした?

【山崎】ビジネスの種を探しました。もちろん簡単には見つかりません。バチカンに行ってから3年後、台湾の会社がつくっていたストーンペーパーにようやく出合いました。ストーンペーパーは石灰石を原料とした紙の代替品で、LIMEXと同じように水を使わない。これだと思って台湾に飛び、交渉を重ねて日本の輸入代理店の契約を結びました。

【田原】お客さんの反応はどうでした?

【山崎】トヨタがノベルティのメモ帳に採用するなど、日本の名だたる会社がいくつか使ってくれました。ただ、「ポテンシャルがあって面白い素材だけど、重くて、高くて、品質が悪い」という声が多く、残念ながらあまり売れなかったですね。

■どうやって私は15億円をかき集めたか

【田原】品質が悪いって、どういうことですか。

【山崎】石灰石の溶け残りがあって、印刷機にかけたら機械を傷つけてしまったというような不具合が多発していました。品質を改善すればもっと売れるようになると台湾の製造元に話しにいくんですが、まったく聞き入れてもらえない。製造元は小さな会社だったので、ニッチに売れていれば十分という考えだったんでしょう。

【田原】ニッチじゃ兆のつく事業にならない。

【山崎】日本製紙の元技術者で、“紙の神様”といわれた角祐一郎さんと知り合ったので、台湾の会社に指導を受けたらどうかと持ちかけました。でも、首を縦に振らなかった。このままでは世界に広がる素材になりません。そこでストーンペーパーに見切りをつけることに。角さんに入ってもらって、10年から二人三脚で新素材の自社開発に取り組みました。

【田原】自社開発には資金が必要です。

【山崎】リーマンショックの後で、ベンチャーキャピタルは壊滅状態。資金集めには苦労して、国内だけでなく中東やシンガポールにもお願いをしに行きました。みなさん興味を示してくれるんです。でも、「一緒にやりたいが、まだ工場もない。生産できるようになったらまた来てくれ」と言われて、資金調達には至りませんでした。

【田原】工場を建てるのに資金がいるのにね。それでどうなりました?

【山崎】家賃も払えないくらいの状況になっていた13年2月に、経済産業省のイノベーション拠点立地推進事業に採択されました。採択されればほかの投資を呼び込むきっかけになるので、僕は1000万円でも十分だと思っていました。しかし、ふたを開けたら、9億円も補助金をいただけた。これが呼び水になって、結局15億円が集まりました。

■凸版印刷やリコーとの協業も決まっている

【田原】工場はもう稼働していますか。

【山崎】宮城県白石市の工場は15年に完成しました。ラボで試作するのと実際にラインに載せて生産するのはいろいろ違いがあって、苦労が絶えませんでしたが、16年の6月から名刺の販売もスタートさせています。いま工場は約50人が働いています。また、18年中に第2工場を着工して20年に竣工予定です。最初の工場はR&Dと生産の両機能を持っていましたが、第2工場は生産に集中。勝負を懸けます。

【田原】さて、これからどうやって世界に展開しますか。

【山崎】日本で完全に確立させてから海外に展開するというスピード感では遅いので、海外でも並行して工場をいくつか建てていきます。そのためには大企業も巻き込んでいく必要があり、すでに凸版印刷やリコーとの協業も決まっています。最初の海外工場がどこになるのかは、いま話を進めているところでまだ発表できませんが、ぜひシンボリックな場所でやりたいなと考えています。

【田原】将来楽しみですね。ちなみに孫正義さんはLIMEXのことを知っているんですか?

【山崎】いや、たぶん知らないかと。どこかのタイミングで応援していただけたらと思いますが……。

【田原】絶対に言ったほうがいい。何だったら僕が言ってもいい。応援するので、ぜひ頑張ってください。

■山崎さんから田原さんへの質問

Q. 日本人の環境意識を高めるにはどうすればいい?

日本は自然が豊かな国で、環境が少々破壊されたところで生活が急に困るおそれは小さい。他の先進国に比べて日本人の環境意識が低いと言われるのも、自然に恵まれすぎているからでしょう。また、日本人の無責任体質にも問題があります。象徴的なのは原発事故。東京電力は地元の人に「事故が起きない」と言い切って、避難訓練もやっていませんでした。自民党はいまも原発を無視して、幹部間で「誰かを責任者に」「自分は嫌だ」と押しつけ合っている。誰も責任を背負いたがらないから、何も決まりません。

環境問題全般についても同じことがいえます。責任を持って導く旗振り役がいないから、有効な対策が打てないのです。

田原総一朗の遺言:責任感のある旗振り役が必要だ

(ジャーナリスト 田原 総一朗、TBM代表取締役 山崎 敦義 構成=村上 敬 撮影=宇佐美雅浩)