福島県産品の今なお続く風評被害 生産者は「諦めに近い心境」

ざっくり言うと

  • 東日本大震災から7年を迎えるが、福島県民は今も風評被害に苦しんでいる
  • 消費者庁によると福島県産品の購入をためらう人の割合は2割弱で横ばい傾向
  • シイタケの生産者は「何を言っても仕方ない。諦めに近い心境かな」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング