前回の記事(「企業内イノベーションの実現に向けた7つの提言」)では、DX(デジタルトランスフォーメーション)を目指す組織改革について、以下の提言を行った。

1. 経営陣がアジャイルを理解し、企業文化を醸成すること
2. 既存の情報システム部門と別に、イノベーション部隊を建設すること
3. イノベーション部隊を既存の進捗管理から切り離し、企画と開発を一体化すること
4. 経験のあるアジャイルコーチ、スクラムマスターを招き入れる、もしくは採用すること
6. 技術力のあるエンジニアを招集すること
7. コミュニティへのエンジニア参加を推奨し、外部交流を行うこと

 特に、日本においては戦略的なビジネスにおいても、ソフトウエアを発注する文化があること、さらに、既存部署との関係がネックになることが多い。今回は、これらの活動を進めるにあたって大きな力となる、「アジャイル開発に関して日本で提供されているサービス、コミュニティ」のランドスケープ(プレイヤー)を描いてみた。

 プレイヤーは大きく3つのカテゴリに分けている。

 第1に、コミュニティ/カンファレンス/勉強会を主宰する組織。これらは、企業での実践者を後押しする組織として非営利で活動しており、広く参加者を募っている。

 第2に教育、コーチング、コンサルティングをサービスとして実施する組織。これらは、主に有償でアジャイルの教育および資格ライセンス、さらに開発チームへのコンサルティングやコーチングを提供する。

 第3は、実際の開発エンジニアを提供するサービスを行っている企業である。

 なお、このランドスケープは現時点で筆者の認識している範囲であり、網羅性のあるものではないことをお断りしておく。

アジャイル開発に関する日本のプレイヤーの見取り図


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

コミュニティ/カンファレンス/勉強会の主宰組織

 企業での実践者を後押しする組織として非営利で活動しており、広く参加者を募っている組織である。企業内イノベーション組織は社内から孤立することも多いものである。このような会では、会社という枠を超えて悩みや境遇を共有する人脈を作ることができるし、社外で生まれている考え方や、共通の課題解決を学ぶことができる。

 このカテゴリには、カンファレンスなど200名以上の開催を行うものから、小さな勉強会として10人〜数十人規模で頻繁に開催しているものもある。ビジネス色が強く、ITユーザー企業が主参加しているものから、エンジニアリング色が強く、開発に強いエンジニア主体のものまで、幅広く日本でアジャイルを扱っているものを集めた。

・アジャイルジャパン
http://agilejapan.org/
2009年から始まる日本最初・最大のアジャイル事例、ワークショップ、情報交換カンファレンス(年1回、地方・企業サテライトもある)

・Regional Scrum Gathering Tokyo
http://scrumgatheringtokyo.org/
2011年から始まる日本地域スクラム実践者のカンファレンス(年1回)

・デベロパーズサミット
http://event.shoeisha.jp/devsumi
老舗のソフトウエア技術マルチコミニュティカンファレンス(年1〜2回)

・XPJUG(日本XPユーザグループ)
http://xpjug.com/
日本最古のXPコミュニティ。XP祭り開催(年1回)

・アジャイルプロセス協議会
http://www.agileprocess.jp/
会員企業からなる、日本最古のアジャイル情報交換会。勉強会もWGとして開催

・要求開発アライアンス
http://www.openthology.org/
要求開発(ビジネス要求とIT要求の開発)についての手法勉強会(月1回)

・エンタープライズアジャイル勉強会
https://easg.smartcore.jp/
アジャイルを企業で活用する課題に関する勉強会(月1回)

・POStudy 〜アジャイル・プロダクトマネジメント研究会〜
https://postudy.doorkeeper.jp/
アジャイル時代のプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為のコミュニティ(不定期)

・DBIC(法人名「CeFIL」)
https://www.dbic.jp/
虎ノ門にあるデジタルビジネスイノベーションセンター。DXのケーススタディ、勉強会、講演会

・スタートアップウィークエンド
http://nposw.org/
参加型で実際に週末に行うスタートアップ体験イベント

 この中で、アジャイルジャパンは、筆者が初代の実行委員長でもあり、日本の「ビジネス」と「エンジニア」を結ぶ日本最大の事例カンファンレスとして10年続けてきたもので私も強い思い入れを持っている。最近は大手SIerからの参加者が目立っている。また、Regional Scrum Gathering Tokyoは近年特に参加者が拡大しており、「スクラム」の実践者たちが集う熱気あふれるカンファレンスだ。また、最も老舗の XPJUG(XP祭り)は日本最古であり、エンジニアが集うフェスティバル的な集まりである。

 嬉しいことに、ビジネスとエンジニアの垣根を超えて会話ができる素地が日本でも徐々に温まってきていると感じている。経営者やDX組織のマネジメントにあたる方は、先にも述べたように、このようなコミュニティやカンファレンスへの参加を促して、社内文化の醸成を積極的に行っていく必要がある。

教育、コーチング、コンサルティングの実施組織

 有償の教育(セミナーやワークショップ)には、海外からの講師を呼んで同時通訳で開催しているものや、日本の講師によるもの、それらを組み合わせたものなどがある。ワークショップを含む体験型の学習を含む数日間コース、という形態が多い。スクラムマスターやプロダクトオーナーの認定ライセンスを発行しているものもある。

・KDDI + Scrum Inc. + 永和システムマネジメント(esm)
http://scrum.esm.co.jp/
スクラム創始者との協業による日本語による教育とコーチング

・アギレルゴコンサルティング
https://www.jp.agilergo.com/
著名な海外コンサルタントを招いた教育、研修とコーチングサービス

・アトラクタ
https://www.attractor.co.jp/
アジャイル教育、コーチング、開発支援

・Odd-e Japan
https://www.odd-e.jp/ja/index.html
日本人唯一の認定スクラムトレーナーによる教育、コンサル、コーチング

・戦略スタッフサービス
http://www.ask3s.com/
TPS/TMSベースのアジャイル・DevOps導入、経営・組織改革、働き方改革支援サービス

・匠BusinessPlace
http://www.takumi-businessplace.co.jp/
「匠メソッド」によるビジネス価値創造コンサルティング

・オージス総研
http://www.ogis-ri.co.jp/
アジャイル要求とスケーリングを特長とするアジャイル教育、コーチング、開発支援

・ウルシステムズ
https://www.ulsystems.co.jp/
発注側IT投資、および、戦略的ITコンサルティング

・Lean Startup Japan LLC
http://leanstartupjapan.co.jp/
日本での Lean Startup 啓蒙に取り組む

・ゼンアーキテクツ
https://zenarchitects.co.jp/
IT投資の最適化を支援する「ITアーキテクチャ設計事務所」

・ギルドワークス
https://guildworks.jp/
正しいものを正しく作るリーンスタートアップ支援

 アギレルゴコンサルティングは、早くから日本で海外講師を招いた研修を定期的に開催している。KDDIと永和システムマネジメント(esm)はスクラムの父であるジェフ・サザーランド氏が設立したScrum Inc.と共同で日本に創始者からの教えを受け継ぐ教育活動を2017年に開始し、年に4回のペースで2日間のスクラムセミナーを開催している。

 有償のコーチング、コンサルティングは、主に実際のビジネス側とエンジニアリング側の組織横断チームに参加して、アジャイル開発の回し方を指導するものや、経営視点でアジャイルチームの予算やIT利活用の考え方を支援する。製品開発におけるPoC(Proof of Concept)のコンセプトづくりを支援するコンサルティングもある。アジャイルに加えて、リーンスタートアップ、デザイン思考などが顧客開発手法もキーコンセプトになる。

アジャイル開発支援企業(中小の元気企業)

 このカテゴリは、実際に開発を行う優秀なエンジニアを育成している企業群である。

 実際にビジネスをDXするにあたっては、モダンなITの知識(例えばクラウドやIoT、開発環境や言語)を持つエンジニアを集めることが必要になる。多くのユーザー企業にはこういった人材はまだ少なく、内製することが難しい。これまでの大きな開発であれば、大手のSIerに発注していたのだが、要求が決まらないものを一括発注するわけにはいかない。不安定な要求をPoCから小さなチーム(10名以内)で回すことから始めなければならない。そのためには、技術力を持つ元気な中小企業とタッグを組むのがおすすめである。内部にスクラムマスター人材を育成している企業も多い。以下は、筆者が知っている技術的に優秀な中小企業をピックアップしたリストである。

・アットウエア
https://www.atware.co.jp/
アジャイル + Java/Scala + AWS で、お客様との恊働ソフトウエア開発

・永和システムマネジメント(esm)
http://www.esm.co.jp/
http://agile.esm.co.jp/
アジャイル開発支援(リモート含む)。Rubyの専門部隊もある

・ソニックガーデン
https://www.sonicgarden.jp/
「納品のない受託開発」によってアジャイル開発支援

・アジャイルウェア
http://agileware.jp/
アジャイル開発支援、Ruby開発、プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine」の提供

・えにしテック
https://www.enishi-tech.com/
札幌拠点のアジャイル開発支援。Rubyが得意、アジャイル導入支援や教育も

・グロースエクスパートナーズ
https://gxp.co.jp/
顧客視点のコンサルティングから開発・保守まで

・クラスメソッド
https://classmethod.jp/
AWS やモバイルを得意とするビジネスIT開発支援

・CI&T
http://www.ciandt.com/jp-ja
デザイン構想とリーン開発でグローバル企業の革新を支援する、デジタルテクノロジー専門家集団

・アイレット
https://www.iret.co.jp/
クラウド活用のインフラから開発まで

・クリエーションライン
https://www.creationline.com/
DevOps導入支援、コンテナ技術が得意

 私が社長を務める永和システムマネジメント(esm)は、ウォーターフォール型の開発を得意としていたが、2005年以降、徐々にアジャイル開発へのシフトを強めており、Rubyのアプリケーションに特化した部隊、さらに開発言語によらず福井のリモート開発を柔軟に活用してPoCの受託開発を行う部隊などを保有している。

 ここに上げた会社群は、すべてクラウド時代のアジャイル開発を担う技術を備え、モダンな開発環境やツール利用に長けた人材が多い。

 エンジニアの流動性が高い米国では、プロジェクトが始まるとエンジニアを直接雇用して内部でアジャイル開発を行うユーザー企業がほとんどである。日本では、まだまだユーザー企業にIT人材が不足しているため、このような優秀なエンジニアが所属する受託開発企業がより活発に活動するようになることを筆者は予想している。

アジャイル開発がビジネスを変え、世界を変える

 最後に、ここまでの流れから今後の展望を少しだけ述べてみる。

 DXを成功させるには、組織に新しい考え方や風を吹き込むことが必須であり、現代的な組織づくりのやり方、働き方を採用する必要がある。しかし、ことさらに日本では、ユーザー企業と開発企業の分断というビジネス構造が出来上がってしまっている。

 そうした構造を刷新する組織論的中心が、ソフトウエアから起こった「アジャイル開発」であった。

 このことは、"Software is Eating the World" という世界観からは当然なのだが、歴史的には、当初エンジニアリング活動から始まった「アジャイル」の波が、スタートアップのビジネス、サービスビジネスを巻き込み、さらに、ここにきて大企業内のイノベーションやDXという文脈で再度脚光があたっているのである。

 今後のイノベーションは ソフトウエアの力をどんどん必要としている。今回挙げた活動体やコミュニティの多くは、日本のアジャイルの発祥から関わってきた人々によって成り立っており、ソフトウエアのビジネス貢献へ思いを一つにしている。

 筆者自身も、「ビジネス」と「エンジニア」が一緒に会話をする「場」が多く今後も持たれ、その中から日本を、そして世界を変える競争力を持ったイノベーションが登場することを願い、その未来の中で貢献をしていきたいと強く思っている。

(バックナンバー)
第1回「企画と開発が責任を押し付け合う会社の前途は暗い」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51448
第2回「『開発手法』だったアジャイルはここまで進化した」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51870
第3回「ビジネスに追いつけない日本のシステム開発の構造欠陥」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52025
第4回 「企業内イノベーションの実現に向けた7つの提言」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52264

筆者:平鍋 健児