わざわざ地方や田舎の名所を旅行する中国人観光客が増えている

写真拡大

中国で「農家楽」という農家民泊が流行している。すでに数年前から起きている現象だが、最近では訪日旅行でも田舎を目指す傾向が出始めている。都会に住む中国人は、なぜわざわざ田舎を目指すのか。その背景と心理を探った。(ジャーナリスト 中島 恵)

中国でブームの「農家楽」
近距離の田舎に行くプチ旅行

「もうすぐ菜の花畑が満開になる季節なので、週末は彼と農家楽に行って、お花畑を散策したり、リラックスする予定なんです」

 平日の夜に連絡を取ってみると、上海市内の外資系企業で働く女性、蘇さん(26歳)はウキウキしながらこう話してくれた。

 1年ほど前に知り合った蘇さんは真面目なハードワーカー。外資系なので出勤時間は比較的自由だそうだが、顧客回りが大変で、夜遅くまでオフィスで残業する毎日を送る。

 出身は南の江西省、大学は北京で、就職は上海。ここ数年、目まぐるしく多忙な日々を送ってきただけにストレスもたまるが、ときどき郊外にプチ旅行をするだけで、リフレッシュできるという。

 蘇さんの旅行先は蘇州の郊外。上海からクルマで2時間ほどで到着でき、周囲には畑などのどかな風景が広がる。以前、友だちからそこの評判を聞いたことがあり、週末に1泊旅行をすることに決めた。宿泊料金は約300元(約5000円)。簡素で小さな宿だが、「何もないほうが、かえっていいんですよ。夜も物音ひとつせず、静かな環境なのがいい」と蘇さんは心待ちにしている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)