保険で貯蓄していて、急な入り用に困ってしまったサラリーマンの悪い癖

写真拡大

年収700万円なのに貯蓄できない
サラリーマンが手を出した保険

「自分はお金を貯めることが苦手なので、保険で貯めています」

 家計診断をしていると、時折、こうした話を聞きます。老後資金を準備したり、教育費を準備するために「貯蓄型」の保険を利用している人も多いようです。ですが、果たして保険で十分な貯蓄が本当にできるのでしょうか。

 保険の販売員には、貯蓄ができないと悩む人に、「こんなに収入があるのに貯められないとはもったいない。保険を使えば、自動的に貯めていけますよ」「生命保険料控除が使えるので、税金が安くなりますよ」などと勧誘する人もいるようです。

「満期まで積み立てると、100%以上になりますよ」とか、「外貨建てでは積立利率は3%最低保証しますよ」などという、魅力的なセールストークもあるようです。

 しかし、失敗しないために、少し落ち着いて考えてほしいことがあります。家計診断に訪れた独身の会社員Iさん(35)を例に見てみましょう。

 Iさんは、年収が700万円程度なのに、貯蓄がほとんどできないと悩んでいました。そんなとき、生命保険の話を聞く機会がありました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)