多くの女性を苦しめる、 “結婚”という二文字。

高望みをしているわけではない、普通の幸せが欲しいだけ。しかし出会いに溢れているはずの東京で、それはなかなか手に入らないのである。

自称・丸の内にゃんにゃんOLの本田咲良(27)も、そのうちの一人。

そんな咲良はある日、ひょんなことからビジネススクールに通うことに。

しぶしぶ行ったビジネススクールだったが、そこには意外にも婚活にぴったりな世界が待っていた…!?

母親に押し切られ、仕方なくお見合いに臨んだ咲良だったが、お見合い相手の医者・祐一は予想外にタイプであった。

そして彼の「何かで成長してもらいたい」という言葉に、ついつい研修への意気込みを語ってしまうのだった。




―やっぱり私、場違いって感じ……。

水曜日の夜、咲良と由利は、ビジネススクールの見学会に来ていた。

教室はすでにダークスーツのビジネスマンで埋まっており、ピンクのニットを着た咲良は、明らかに浮いている。

今回の研修は、由利は課長代理になったため、咲良は課長代理になるためだ。咲良が受けるのは、論理的な思考を学ぶ1科目だけで、由利は他にマーケティングなど、計4科目を受けるらしい。

―もう……。海老原さん、大丈夫って言ったのに。

咲良は、呑気な上司を恨めしく思いながらも、ひとまず講義に集中することに決めた。



「意外に、楽しかった!由利たちって、あんな感じで営業してるの?」

見学会の後、二人は予約していた半蔵門の『エリオ・ロカンダ・イタリアーナ』に来ていた。

「そうだね。フレームワークがピッタリハマることはないけど、意識して考えるようにはしてるかな」

見学会では、フランス発の高級スイーツショップのオーナーになったと仮定し、日本進出における売上目標達成のためのアイディアを、たくさん挙げるゲームをした。

簡単に思いつくものもあったが、3分で20個という合格ラインはハードルが高く、あっという間に時間が過ぎた。

「ワークは結構面白かったけど……。仕事で使う機会なんて、私にはなさそうだけどなぁ」

「何言ってんの。課長代理になったら使う機会なんていっぱいあるよ」

「ただの候補だよ。私なんかより、山代さんとかの方がいいと思うんだけど…。本当になった時のことを考えると、ちょっと気が重いなぁ…」

山代さんは、咲良の6歳年上の先輩である。入社当時の教育係で、社会人として、特に事務職としての心構えを叩き込まれた。就職氷河期の世代で、派遣社員から登用されたらしい。

山代さんは地道な努力家で、エクセルの関数もマクロもバリバリ使いこなす、事務のエキスパートだ。営業からの信頼も厚い。

―そんな優秀な先輩を差し置いて、いいのかなぁ。

咲良は大きくため息をつきながら由利を改めて見ると、ある変化に気付いた。


由利の変化の理由とは?


「あれ?由利が、そんな可愛らしいブラウス着てるの、初めて見たかも。もしかして、彼の趣味?」

すると由利は、左右を見渡して誰の耳にも届かないことを確認すると、小さな声で言った。

「絶対、内緒にしてね。私…結婚相談所に登録したんだよね」

「え!?」

由利は、胸元のフリルの端をつまんで言った。

「そこのカウンセリングで、今持ってる服、ぜーんぶダメ出しされちゃった。婚活ファッションに“個性”は要らないんだって」

たしかに由利はクールビューティー系で、ネイビーのスーツが一番似合うイメージだ。私服でも、リボンや花柄と言った甘い雰囲気の洋服を着ているのは見たことがない。

「最近になって、さすがに焦ってきたのよ。私、咲良と違ってモテないしね」

「……そんなことないよ」

そう否定しながらも、たしかに咲良が知っている限り、由利に最後に彼氏がいたのは、3年前まで遡る。

由利は特段美人というわけではないが、透明感のあるきめ細やかな肌と切れ長の目が、彼女の知性的な雰囲気を際立たせている。

しかし如何せん、優秀な由利には隙がなさすぎると咲良は常々感じている。お食事会にも何度か一緒に行ったことはあるが、その後進展があったという話は聞いたことはなかった。

「もし若さが武器になるのなら、早いうちに利用しようと思って登録したの」

「でも…昇進決まったのに結婚するの?」

「昇進するから、だよ。早いうちに色々済ませておいて、30代はバリバリ仕事したいの。結婚に悩んでる時間って、もったいないでしょ」




―長く仕事するために早く結婚、っていう発想もあるのね。

「結婚するまでは、とりあえず仕事」としか考えてこなかった自分とは、真逆の婚活への意気込みがあることを知って、咲良は素直に感心した。

そして由利の思わぬ告白に、結婚が決まるまでは誰にも言わないでおこうと思っていたお見合いの話が、つい口から出た。

「実はね、私もお見合いしたの……!」

「えっ!?」

「ママに押し切られちゃってさ。昔からちゃんとした結婚相手をみつけなきゃダメってうるさくって、仕方なく、ね。“ちゃんとした”って何よって感じなんだけど」

「あー、咲良ママなら言いそう。で、どうだったの?」

「…意外と…アリだった」

「!!!」

「来年の誕生日の頃には、結婚してたりして?…なんちゃって」

冗談めかして、他人事のように言う。でも口角は上がっていて、嬉しさを隠しきれていないだろう。

「お相手は、どんな人?」

由利の質問に咲良が答えると、感心した様子で言った。

「さすが咲良ママの持ってきた話ね。でも、咲良が良いと思うってことは、気が合うとか性格が気に入ったってことでしょ?それなら、きっと良いご縁なんだよ。上手くいくといいね」

二人は、お互いの健闘を祈りつつ、改めて乾杯した。


浮かれた咲良に降りかかる、予想外の出来事とは?


次の日、あれから一週間しか経っていないにも関わらず、咲良と祐一は銀座の『六雁』にいた。

『六雁』のキッチンはフルオープンで、中でもカウンター席は、和食の料理人の繊細な所作を眺めることができる特等席である。




咲良がビジネススクールの見学会の話を興奮気味に話すと、祐一は笑顔で聞いてくれた。祐一の絶妙な合いの手で、今日も咲良はずっと笑いっぱなしだった。

すると、ふと祐一の手元から、メールの着信音が聞こえた。

「あれ、そういえば、今日はアップルウォッチなんですね」

前回祐一の腕に巻かれていたのは、パテックフィリップのノーチラスだった。

「あぁ……普段はこれなんですよ。仕事柄、両手が塞がらないのが良いとかで、病院から持たされてるんです。ランニングしたときとかのデータも取れて、結構便利ですよ」

「私も欲しいなって思ってたんです。ちょっと見せてもらってもいいですか?」

外して渡してくれるのかと思いきや、祐一は一歩の咲良の方に近づくと、右手を椅子の背もたれに置き、アップルウォッチをした反対側の左手を差し出してきた。

―ちかっ……。

少し戸惑いつつも、動揺を隠すために水を口に運んだ。

―趣味も合うし、話も楽しいし、ママも喜ぶし……。結婚しても、いいかも。

しかし咲良にはさっきから一つ、気になっていることがあった。咲良は今週28歳の誕生日を迎えるが、それについて一切触れられないのだ。

―気付いてないのかな?釣り書にも書いたんだけどなぁ……。

「また、連絡します」

結局、祐一は最後まで誕生日に触れることはなく、咲良をタクシーに乗せると地下鉄の方に歩いて行った。



翌日、咲良はビジネススクールの第一回目のレポートを送信した。正直、出来栄えはイマイチだったが、送ってしまったものは仕方がない。

夜も10時をまわり、28歳の誕生日まであと2時間。SNSやLINEでは、誕生日のメッセージがポツポツ届き始めていた。

でも祐一に祝ってもらう約束は、今のところない。祐一は学会があるとかで、日本にいないようだ。

―来年の誕生日は、必ず空けておいてもらおう…!

気を取り直して友人たちからのお祝いLINEにせっせと返信していると、着信があった。

ディスプレイに表示された相手は、仲人さんである。きっと今後の付き合いについてだろう。咲良は少し照れくさくなりながらも、電話に出た。

「お世話になっています。いえ、まだ起きていました。大丈夫です。はい?はい……。ええ、母には私から…。あ、そうなんですね。大変お世話になりました。有難うございました。はい、失礼致します」

咲良は、呆然と立ち尽くす。

電話は、思ってもみなかった、祐一からのお断りの連絡だったのである。

―意味がわからない……。あんなにいい雰囲気だったのに、なんで??

咲良は、頭を殴られたような気分でベッドに身を投げると、天井を見上げ、28歳の誕生日の0時を迎えた。

▶Next:3月19日月曜更新予定
お見合いでフラれたショックを引き摺りながらも、ビジネススクールがスタート!