キャラクターをあしらった製品から耐衝撃など特化した性能をもつ製品、薄さを重視した製品など、世の中にはさまざまなiPhoneケースが販売されていますが、Twitterに投稿された”ヌンチャク”のようなiPhoneケースが話題を呼んでいます。

iPhoneケースのカバーをすばやく開閉してトリックを決める!

TwitterユーザーOmiさん(@03_kosuke)が3月9日に投稿した動画つきツイートが、本稿執筆時点で5万件を超えるリツイート、11万件を超えるいいねと大きな反響を集めています。その内容とは……まずはツイートの動画をご覧ください。
 

 
動画で紹介されているのは、カバーの開閉操作が片手でできるのが特徴のiPhoneケース「iPhoneトリックカバー」です。開閉操作を連続して行うことでさまざまなトリック(技)が出せるのですが、光景はさながらヌンチャクを振り回しているかのようです。
 

 
これだけを見るとユニークなiPhoneケースという印象ですが、カバーを付けたままスリープボタンなどの操作も可能で、カバーを反転させることでiPhoneのほぼ全面を保護することができます。ディスプレイ部分をカバーできるので、ポケットに入れていて勝手に発信するといった誤動作も防止します。
 
そしてカバー部分はスタンドとしても利用可能で、スタンドの角度は無段階で調整できます。
 

 
また、背面にはICカードを収納できます。
 

 
カバーを付けたことによる電波の受信感度への影響は、フィールドテストモードを使って装着前後の数値変化を検証し、ケース装着による電波障害はほとんどないとしています

横浜のプレス金型メーカー・ニットーが製造、販売

ケースを手がけるのは、横浜市のプレス金型メーカー・ニットーです。ペン回しやバタフライナイフのアクションなど、”その行為に意味はないけれどちょっとしたカッコ良さや遊び心がある、そんな感覚をiPhoneで味わいたい”というのが開発のきっかけだったと、特設ページで明かしています。
 
「楽しいモノづくりから日本を元気にしたい!」を製品開発のテーマに、モノづくりを支えてきた町工場の取り組みが評価され、第30回神奈川工業技術開発大賞 ビジネス賞を受賞しています。

iPhone5〜iPhone Xまで対応、価格は2,600円から

対応機種はiPhone5、iPhone5s、iPhone SE、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plus、iPhone8/8 Plus、iPhone Xで、アルミ製、アルマイト製、樹脂製が販売されています。
 
価格は2,600円からで、対応機種とケース素材によって変わります。注文はオンラインショップにて受け付けています。ショップではケースのカバー部分も個別購入できます。
 
iPhoneトリックカバー公式Twitterアカウント(@TrickCover)によると、iPhone8/8 Plus、iPhone X向けのトリックカバーの予約受け付けを開始したと発表しています。
 

 

 
 
Source:Twitter(@03_kosuke), ニットー公式サイト, YouTube(NITTO), iPhoneトリックカバー特設サイト
(asm)

投稿 華麗な手さばきでヌンチャクになるiPhoneケース、ツイッターで話題 は iPhone Mania に最初に表示されました。