アーティストが描いた、最近発見された化石に基づいたヒナ鳥の想像図
Image: Raúl Martín/Nature Communications

今回新たに見つかったほんのゴキブリサイズのヒナ鳥の化石が話題を呼んでいます。新たに発表された論文によれば、恐竜が生きていた時代の地層で発見された鳥のヒナの化石としては、最小サイズだったかもしれないとのこと。

イメージと反するかもしれませんが、恐竜が生きていた時代は何もかもが大きかったというわけではありません。1億2700万年前に生きていたこの小さなヒナのように、巨大な獣たちとともにちっちゃな生き物も存在していました。研究者たちは、それらの化石を研究することで初期の鳥類の進化過程に関する重大なヒントが与えると期待しています。今回見つかった化石について研究者たちがもっとも興味を持ったのは、ヒナの小さな骨がどのように形成されたのか、という点です。

石板にあった鳥の化石の図解
Image: Knoll/Nature Communications

今回見つかった化石の標本はエナンティオルニス類のもので、研究者たちによってスペインのラス・オヤス発掘所にて最近発見されました。これまでに発見された中で最も小さく、完璧に近いものだそうです。論文いわく、欠けていたのは足と爪ほとんど、そして尾の一部だけでした。ちなみにエナンティオルニス類の見た目は現生の鳥とよく似ていますが、歯と爪が生えていて、かつては鳥類の中でもっとも数が多かったものの、今では絶滅しています。

Nature Communicationsで発表された論文いわく、鳥の胎児あるいは乳児の化石はとても珍しいため、ごく初期の鳥の骨格形成に関しては「データが不足」してるとのこと。化石には、羽を備えていたと示すものは何も見つかりませんでした。この鳥が乳児だったから羽がなかったのか、それとも単に羽の痕跡が保存されていなかっただけなのか、研究者たちは判断するには十分な情報を持っていませんでした。

通常であれば、たった1体の化石からその鳥類全体について多くのことは語れません。しかし、この化石をシンクロトロン加速器の放射光で分析したところ、科学者たちにとって興味深い事実が明らかになりました。胸骨が柔らかい軟骨でできており、まだ骨へと形成されていなかったのです。この鳥が飛べるほど成長していた可能性は低く、おそらくさらに成長する必要があったというわけです。

アーティストが描いた、最近発見された化石に基づいたヒナ鳥の想像図
Image: Raúl Martín/Nature Communications

それがなにを意味するのか、カナダのピース地域古生物調査センターの研究者、Lisa Buckleyさんがかみ砕いて説明してくれました。「白亜紀の鳥のヒナに関する大きな疑問の1つは早成性だったのか(孵化してすぐに走り回れる)、あるいは晩成性だったのか(孵化した時は未熟で、巣内にとどまる)だったのか、それともその中間だったのかということです。この小さな鳥の胸骨はまだ軟骨性だったので、まだ飛ぶ準備ができていなかったことを研究は示しています。もっと標本が現れますように!」。

この鳥における骨の発達不足は、他のエナンティオルニス類のそれとは異なります。論文によれば、このことは「これら(古代の鳥たち)の進化上の戦略がこれまで考えられていたよりも多様だったのかもしれない」ことを示しているんだとか。古代の鳥たちの中には、孵化時の成熟度に差があったのかもしれません。

でも実は、これは世界最小の鳥ではありません。現代にもごく小さなハチドリの種は存在します。それでも、今回の発見について考えてみると、ゴキブリほど小さい鳥の化石が、初期の鳥たちの骨形成の認識を大きく揺さぶるってなかなかすごいことですよね。


Image: Nature Communications
Source: Nature Communications

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文]
(たもり)