パスワードロッカーHDD

エレコム株式会社は、グループ会社のハギワラソリューションズブランドにおいて、パスワードロック機能を搭載したポータブルHDD「パスワードロッカーHDD」と、同製品にウイルス対策機能を追加した「セキュリティHDD Model-M」を4月下旬に発売すると発表した。

同製品は、ハギワラソリューションズ製セキュリティUSBメモリと同様の機能を持った、セキュリティ性の高いポータブルHDD。容量は1TBと2TB。

「パスワードロッカーHDD」は、HDD内のデータにアクセスするのにパスワードの入力が必要な「パスワードロック機能」と、ハードウェア暗号化機能(AES256bit)を搭載したポータブルHDD。暗号化処理をハードウェアで行うため、書き込み速度の低下を抑えられる。これらの機能により、第三者の不正アクセスや紛失時のデータ漏えいを防止できる。

「セキュリティHDD Model-M」は、「パスワードロッカーHDD」にウイルス対策機能を追加搭載したモデル。マカフィー社のウイルスチェック用のスキャンエンジンを利用して、HDDに書き込まれるファイルに対してウイルスチェックをすることで、ハードディスクへのウイルス感染を防止する。

さらに、ハギワラソリューションズ製のセキュリティUSB管理者用ソフト「セキュリティUSBマネージャー(HUD-SUMA)」を使うことにより、セキュリティUSBメモリと同様に、セキュリティポリシーのカスタマイズや運用管理をサポートできる。

また、紛失時にはクラウドサービス「InfoBankerクラウド型」を利用することで、インターネット経由でHDD内のデータを消去して利用停止にすることができる。

エレコム株式会社
価格:オープン
URL:http://www.elecom.co.jp/news/201803/hagisol_hdd/index.html
2018/03/11