(画像は公式サイトより)

写真拡大

85年の歴史を誇る江崎グリコのロングセラー菓子「ビスコ」。子どもから大人まで広く愛され、非常食としても活躍する国民的ビスケットです。

定番の赤い箱に入ったクリームサンドビスケットをはじめ、いくつか種類が展開されていますが、「ビスコ史上No.1」と言わしめる新商品がSNS上で注目を集めています。

子どもと奪い合うレベル

2018年2月20日に発売された「ビスコ<焼きショコラ>」は、こんがり焼き上げた濃厚なショコラの味わいが特徴。なめらかで口どけのよいチョコクリームがサンドされています。ビスコらしさを残しながらも、オイルコートによってしっかりとショコラの味わいが楽しめるそう。もちろん、おなかにやさしい乳酸菌1億個入りです(5枚あたり)。

発売からまだ1か月も経っていないですが、SNS上では

「初めて食べたけど、これ美味しい。凄く好き」
「本当にチョコの味がして美味しいです!」
「美味しいんだよ〜子どもたちと奪い合いです(笑)」

などと評判に。さらに、

「ビスコのシリーズでNo.1ですよ〜」
「ビスコの焼きショコラおいしい、100点」
「ビスコの中で1番好き」
「ビスコ史上ダントツ一番美味しすぎ」
「ビスコの発酵バター最高ってずっと思ってたんだけど焼きショコラも最高だった」

といった感想も見られます。クチコミにある「ビスコ<発酵バター仕立て>」は「もう一度食べたい!」の声に応えて2015年に定番商品化されただけあり、その美味しさはお墨付きですが、それに匹敵する味というのは気になりますよね。

コーヒーにも合う甘さ控えめでほろ苦い「大人の味」とのことなので、非甘党にも◎。1箱100円ほど(5枚×3パック)とコスパも抜群。小腹が空いた時のストック用としても活躍すること間違いなしです。