蔡英文総統のツイッターより

写真拡大 (全2枚)

(台北 11日 中央社)東日本大震災から7年を迎えた11日、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所で、同協会と台湾日本人会が主催する追悼式典「311東日本大震災 7周年追悼感恩会」が開かれた。出席者は献花と1分間の黙とうで祈りを捧げた。

沼田幹男代表(大使に相当)は、台湾から寄せられた多大な支援に改めて感謝の意を伝えるとあいさつ。また、被災地では84%超の農地が復旧し、農産物が日本全国各地で消費されるまでになったことを例にとって被災地が着実に復興している旨を伝えた。

台湾の対日本窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長は、福島に赴いて現地の様子を映像で伝える台湾の若者がいる事例を紹介。誰もが苦しみながらも強い意志を抱いて奮闘する姿は、今年2月の台湾東部地震に見舞われた花蓮の人々を元気付けてくれるだろうと語り、福島の人々に改めて敬意を表した。

一方で蔡英文総統も同日、ツイッターに日本語のメッセージを投稿し、「被災者の皆様にお見舞いを申し上げます」「被災地の復興が一層進展することを切に願っています」などと気遣った。

(顧荃/編集:塚越西穂)