<ヨコハマタイヤ PRGRレディス 最終日◇11日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>

「今日は悔しいです。もうちょっといけたかな」。ホールアウト後、悔しさをにじませた永井花奈。トータル2アンダー・10位タイから出た最終日、前半を3バーディ・ノーボギーと順調に折り返したが、後半11番でボギー。「そこから面白いくらいに流れが悪くなった。次のホールでバーディチャンスについたんですが、今週の感じならいけると思ったのに入らなかったり…。気持ちで負けていました」と、そのままスコアを伸ばせずにトータル4アンダー・9位タイに終わった。

【関連写真】歴代女王2人が火花!最終日の激闘を特選フォトギャラリーで
2オーバー・24位タイで終えた初日からは大きく順位を上げたものの、「来週は初日を頑張りたいです。今週も、初日のオーバーがなければと思うと悔しい。まだゴルフ場に慣れていないんですかね。準備不足です」と納得しきれない今季第二戦となったが、初のシード選手として迎えた今年は、シーズン開幕前にうれしいハプニングがあった。

オフの間に合宿を行っていた米国のゴルフ場で、「会ったんです!」と、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)が偶然、同じゴルフ場で練習を行っていたという。「似ているなと思っていたら、本人で。プロゴルファーとはいわず、名前だけ伝えたんですが、『頑張って』といわれました」。ビッグスターからの応援で、今年はさらに飛躍の年とし、次こそは堂々とプロゴルファーを名乗れるようになりたい。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ヨコハマタイヤ PRGRレディスの最終結果
2018年女子プロゴルファー契約先一覧
よく分かるリランキングリスト〜生き残るのは誰だ!【開幕戦終了時】
【選手名鑑】愛くるしさと、抜群のゴルフ力 〜永井花奈〜
笑顔が輝く元気印!永井花奈の特選フォトギャラリー