未来のスポーツ観戦はこうなる? 渋谷に登場した「DAZN for docomo SPORTSLOUNGE」を体験

写真拡大 (全24枚)

スポーツの新たな楽しみ方を提案する「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」がドン・キホーテ渋谷店跡地に2018年3月27日まで期間限定でオープンした。入場は無料。営業時間は12〜22時。

「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は「スポーツの魅力や楽しさ、興奮、臨場感をより多くの人に体験してもらいたい」との想いから作られた未来創造型スポーツエンターテインメント施設。
ラウンジ内では、超巨大LEDモニターを含む全37台のモニターで臨場感あふれる多種多様なスポーツ映像を楽しめる。

・VR技術を用いてボクシング元世界王者と対戦できる「自由視点VR」
・プロ野球球団も取り入れている「VRトレーニングシステム」
・日本では初公開となる「スマートスタジアム」
など、今まで体験したことのない未来のスポーツも体験することができる。

初日となる2018年3月6日は報道関係者向けの内覧会があり、施設の概要と各コンテンツの説明があったので、その模様をお届けしよう。


■スポーツの新しい楽しみ方を体感いただきたい - ドコモ芦川部長
主催者ドコモを代表してコンシューマビジネス推進部長芦川隆範氏は、
「まさにDAZN for docomoと、ドコモが提案するスポーツの新しい楽しみ方を皆様に体感いただくために、今日オープンさせていただいた。お披露目させていただくことを非常に嬉しく思う。」と語った。

今回の「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は、
・来場者を現役スポーツ選手達が来場者を出迎える「GREETING ROAD」
・圧倒的臨場感の中で一度に複数のスポーツを視聴できる「DAZN for docomo THEATER」
・最先端のテクノロジーを駆使した未来のスポーツ観戦スタイルを体験できる「FUTURE SPORTS AREA」
という3つのエリアに分かれている。

芦川部長は「FUTURE SPORTS AREA」に触れ、「見るだけでなく体験していただけるエンターテイメントを、ぜひ、ご覧になっていただけたらと思う。」と、最先端のVRが体験できる施設であることを強調した。

イベントフロアの中央に位置する「DAZN for docomo KITCHEN」では、外苑前のイタメックス「AMORE AMIGO」が提供するタコスやドリンクを注文することができる。
来場者は飲食をとりながら、「DAZN for docomo THEATER」でスポーツの映像を観戦できるわけだ。

「ドコモは2020年に向けて5Gを整備していく。5Gの世界は、これまでにないリアルな体感や、ヴァーチャルとの融合を実現できると確信している。2020年にビッグなスポーツの祭典を迎えるが、我々は精一杯努力をしながら、十分に楽しめるものをお届けしたい。」(芦川部長)


株式会社NTTドコモコンシューマビジネス推進部長芦川隆範氏


■スポーツの魅力や楽しさが味わえる
「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は、スポーツの魅力や楽しさが味わえるエンターテイメントパークだ。

前述のように会場内は、
・GREETINGROAD
・DAZN for docomo THEATER
・FUTURE SPORTS AREA
という3つのエリアに分かれている。


「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は、3つのエリアに分かれている



「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」の外観



●GREETINGROAD
エントランスエリアから、すでに演出が始まっている。「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」の中に広がる未来のエンターテインメント空間への期待を高める作りになっており、入った瞬間からスポーツの世界へいざなってくれるのだ。

SF好きの筆者には、まるで宇宙船の中に入って行くかのように感じられ、ワクワク感が半端ない。


「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」のエントランス


Instagramスポットがあり、インスタフレームやスティックを持って記念写真を撮ることができる。
スマホなら、撮影したその場で、すぐに投稿できるわけだ。


エントランスエリアのInstagramスポットでは、記念写真を撮ることができる


左奥に設置したスクリーンには、サッカー・セレッソ大阪の柿谷曜一朗選手や、ボクシング世界3階級制覇王者である八重樫東選手など、各スポーツ界の著名選手が映し出され、来場者を出迎えてくれる。
スポーツ選手が薄いスクリーンから立体的に浮かび上がり自由に動く様子は、まるで本物の選手に迎えられているかと思うほどリアルだ。

.

各スポーツ界の著名選手が来場者を出迎えてくれる



●DAZN for docomoTHEATER
超巨大LEDモニターで臨場感あふれる視聴体験ができる場所だ。
DAZN for docomoの世界観をリアルに再現したものであり、超巨大LEDモニターを含む全37台のモニターが壁一面に並ぶ様子は、まさに圧巻だ。

.

各スポーツ界の著名選手が映し出され、来場者を出迎えてくれる。



明治安田生命Jリーグ、プレミアリーグ、ラ・リーガ(スペインのサッカーリーグ)などのサッカーをはじめ、プロ野球11球団、MLBなどの野球、F1を含むモータースポーツなど、多彩なスポーツ映像を映し出される。

各テーブルには、タブレットが用意されているので、来場者は自分が好きなすスポーツを見ることができる。
マルチモニターの環境の特性を活かし、見る場所を変えるだけで様々なスポーツの世界が広がるエリアを体感することができた。

.

各テーブルには、タブレットが用意されているので、来場者は自分が好きなすスポーツを見られる


ここでは、スポーツ観戦をしながら、フードやドリンクも楽しめる。
フードやドリンクやドリンクの提供は、外苑前のイタメックス「アモーレアミーゴ」。

.

スポーツ観戦をしながら、フードやドリンクも楽しめる



タコスやアルコール、ソフトドリンクを楽しめる



●FUTURE SPORTS AREA
●3Dホログラムで野球が見られる「dreamoc」

「FUTURE SPORTS AREA」に入ってすぐ、ハイテク好きの筆者の目を引いたのが「dreamoc」だ。


元メジャーリーガーの岩村明憲さんと川上憲伸さんのホログラムが映し出される


ピラミッド型のディスプレイには、元メジャーリーガーの岩村明憲さんと川上憲伸さんのホログラムが映し出され、ガチンコ対決を見ることができる。しかも、どの方向から見ても立体的に浮かび上がって見えるから不思議だ。

「こんなスポーツ観戦が自宅でもできたらいいのに!」と、つくづく思った。


どの方向から見ても立体的に浮かび上がって見えるから不思議だ



●世界チャンプとボクシング対決できる「自由視点VR」
ついに筆者もボクシングデビューすることができた。
「自由視点VR」はVR用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して、ボクシング世界3階級制覇王者八重樫東選手と対決できるVRシステムだ。

「自由視点VR」と呼ばれるのは、様々な角度から撮影した映像を3次元(3D)で動かした「自由視点映像」技術を採用しているからだ。


VR用HMDを装着して、ボクシング世界3階級制覇王者八重樫東選手と対決できる


実際にHMDを付けると、そこはもうリングの上だ。目の前には、挑戦者である筆者を、世界チャンプが待ち構えている。
簡単なウォーミングアップ(パンチを打つ練習)を行った後、世界チャンプとの試合となる。

世界3階級制覇王者だけあり、八重樫東選手の動きは機敏だ。
試合の模様は、液晶ディスプレイに表示される。


世界3階級制覇王者八重樫東選手と闘っている様子


試合の途中、ラッキータイムがあり、八重樫東選手の動きが一時的にストップする。
このときにパンチを連打することで、八重樫東選手に大きなダメージを与えることができる。

ゲームの難易度は難しいとのことだが、筆者はネコパンチで見事、世界チャンプに勝利した。
どこかで筆者を見掛けたら、世界チャンプと思って欲しい。




●世界最高峰の操縦術を体感できる「8Kスーパーハイビジョン」
「エアレース世界選手権」をご存じだろうか?

世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが飛行技術を争う競技だ。最高時速370kmを超え、最大加速度10Gの過酷な状況下での世界最速の王座を賭けて熱きバトルを繰り広げる。
そんな「エアレース世界選手権」を、「8Kスーパーハイビジョン」という超高精細な映像で見ることができる。


世界最高峰の操縦術を体感できる「8Kスーパーハイビジョン」


8Kの超高精細映像は、まるで目の前にレース場が広がっているようなリアリティを感じさせる。
没入感が半端なく、まるでレース場にいるかのような錯覚を受けるほどだ。

ぜひ、ご自分の目で確かめて欲しい!


まるで目の前にレース場が広がっているようなリアリティを感じることができる



●選手の剛速球を体験できる「VRトレーニングシステム」
野球好きの人に打ってつけなのが「VRトレーニングシステム」だ。

VR用HMDを装着した打者が、プロ野球選手の投球を仮想体験できるというもの。早い話、バッティングを体験できるコンテンツだ。

実は、このシステム。あらゆるパターンの球速や球筋、変化球のキレなどを打席での目線で体験できる。
2017年にプロ野球1球団で初めて導入され、今後国内の球団だけでなく、米国MLBチームでも実用化を目指している最新技術なのだ。

今回体験できるのは、元メジャーリーガーの川上憲伸さんの投球だ。
ここでしか感じることのできない、渾身のカットボールを楽しめる。


元メジャーリーガーの川上憲伸さんと勝負することができる


ゲームは、
・Beginner
・Normal
の2つのモードが用意されている。

実際にプレイしてみると、さすがに元メジャーリーガーの投球は速い。
筆者はBeginnerで挑戦した。
軌道があらかじめわかることもあり、何とか打ち返すことができた。

野球が好きな人なら、のめり込むこと間違いなしだ。




●今までにないスポーツ視聴の体験をもたらす「スマートスタジアム」
国内外で進むITをスポーツ観戦に活用した取り組み「スマートスタジアム」を、いち早く体験できた。

スポーツを視聴しているときに、チームや選手の情報を知りたいときがある。
その場に詳しい人がいなければ、スマホやパソコンを使ってネットで検索することになる。

今回の「スマートスタジアム」では、サッカー観戦をしながらドコモの音声認識技術によって、好きなチームや選手を音声で選択することで、レコメンド映像や、個人の成績を表示させることができる。


サッカー観戦をしながら、好きなチームや選手を音声で選択することで、レコメンド映像や、個人の成績を表示させることができる。


実際に体験してみると、目線を試合からそらさずに、様々な情報を得ることができる。
音声認識技術はかなり優秀で、誰が話しても、すぐに反応してくれる。

次世代のスポーツ観戦を楽しみたい人は、見逃せないシステムだ。


ドコモの音声認識技術によって、選手の情報が得られる



■DAZN for docomoの良さを感じて欲しい - ドコモ藤井氏
株式会社NTTドコモコンシューマビジネス推進部藤井瑞理氏は、
「DAZN for docomoのサービスは2017年2月に導入して、ちょうど1年になる。2月末にJリーグ、3月にプロ野球が開幕される。プロ野球は今まで2球団しか提供できなかったものを11球団まで拡大することになったこと、オリンピックがちょうど終わったところでスポーツに対する関心が高まっていることから、このタイミングでオープンさせていただくことになった。」
と、「DAZN for docomo SPORTSLOUNGE」を開催する経緯を語った。

イベント会場では、VRシステムが多く見られ、大きな特長のひとつでもある。

VRシステムを導入した思いを聞いた。
「ドコモはDAZN for docomoを提供しているが、2020年以降に向けて、いろいろなスポーツのサービスや取り組みをさせていただきたいと考えていた。2020年は5Gのネットワークを本格商用で開始するでの、VRやARといった新たな観戦スタイル、新たな体感をお客様に提供するのに、高度なネットワークが必要となってくる。我々社内では“5G時代”と呼んでいるが、“5G時代には、こんな体感もできるんだ”というワクワク感を、ぜひ、味わってもらいたいと思い、VRや3Dなど、自分がスポーツの中に入り込める体感の場を用意させていただいた。」(ドコモ藤井課長)


株式会社NTTドコモコンシューマビジネス推進部藤井瑞理氏


なぜ、場所を渋谷にしたのだろうか?
「渋谷は若い方がたくさんいらっしゃるのと、IT系の企業も集まってきているので、ビジネスの方も多い。若い方と、新たな技術に少しビットが立っている方が多いということで、この渋谷を選ばせていただきました。」(ドコモ藤井課長)

ズバリ! 今回の見どころは?
「DAZN for docomoの良さを、ぜひ、お客様に感じていただきたいと思い、37台のテレビで楽しめるDAZN for docomoTHEATERを用意させていただいた。サッカーや野球、ゴルフなど、多彩なコンテンツが魅力的なので、いろんなコンテンツが見られるというのをお楽しみいただきたい。大きな試合があるときには、お客様にたくさん集まって頂いて、お酒を飲みながら試合を見る、普通のスポーツバー的な雰囲気を楽しめる場にもなると思っている。」(ドコモ藤井課長)

DAZN for docomoは自宅でも見られるが、そうではない次の未来のスポーツ観戦を楽しむ意味で、今回、「FUTURE SPORTS AREA」のコーナーも用意したそうで、こちらもかなりの見どころということだ。

最後にドコモの今後の展開については、
「ドコモ全体として5G時代を彷彿させるようなイベントや展示会をかなり実施しており、引き続き2020年に向けて、いろいろなイベント等を実施していくと思う。DAZN for docomo SPORTSLOUNGEは大きな第一弾だが、次に第二弾、第三弾を提供させていただきたいと考えている。その際には、こういった大きなイベントができればと思っている。」(ドコモ藤井課長)

.

株式会社NTTドコモコンシューマビジネス推進部藤井瑞理氏


「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は、今までにないスポーツ観戦が楽しめる場所だ。ボクシング元世界王者と対戦できる「自由視点VR」や、元メジャーリーガーと対決できる野球「VRトレーニングシステム」など、面白いアトラクションが用意されている。
フードやドリンクもあるので、仲間やパートナーと行けば、盛り上がること間違いないだろう。


ITライフハック 関口哲司