ティーショットを放つアン・ソンジュ(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】女子ゴルフの日本ツアー第2戦、ヨコハマタイヤ・プロギアレディースカップ最終日は11日、高知県土佐CC(6228ヤード、パー72)で行い、首位から出た韓国のアン・ソンジュ(30)が通算11アンダー、205で並んだ昨季賞金女王の鈴木愛をプレーオフで下し優勝した。

 昨年3月のダイキン・オーキッド・レディース以来、ツアー通算24勝目となる。

 開幕戦のダイキン・オーキッド・レディースではイ・ミニョン(25、韓国)が優勝しており、韓国勢が2大会連続で優勝カップに手にした。