iPhoneのSafaiで過去に見たページに一発でジャンプ! もう「戻る」を何回も押さなくてOKだ

写真拡大 (全4枚)

iPhoneでWebページを見る上で「Safari」は欠かせないツールだ。
筆者も毎日、Safariのお世話になっているが、最近、長らく気になっていたことがひとつ解決した。

Safariで、直前に見たサイトを、もう一度見たい時は、「戻る」ボタンを押せば見られる。
しかし、少し前のサイトの場合は、「戻る」ボタンを何回も押さなければならない。
これは。かなり面倒だ。

ところが、最近、よい方法が見つかった。

それは、履歴を使って過去見たページへ戻るやり方だ。

■過去ページへ戻る時は履歴を使おう
Safariでは、過去のページに戻りたい時、履歴を使うことができる。

いつも通りに「Safari」を起動しよう。
「URL」に目的のサイトのURLを入れて、サイトを表示させる。




サイトの記事をどんどん読んでいく。
「あの記事、もう一度確認したい!」と思った時に、「戻る」ボタンを長押ししてみよう。




すると、「履歴」というページに切り替わり、過去に見たページが一覧で表示される。
あとは戻りたいページをタップすればよい。
「戻る」ボタンを何度もタップする必要がなくなるわけだ。





ITライフハック 関口哲司