「この写真インスタに載せていいですか」って英語でどう言う?「フォローして」は?

写真拡大

 流行りのインスタグラム。日本では、盛り上がったその場で写真を撮り、電話番号は知らずともインスタでつながることも多いとか。

 訪日外国人旅行者(インバウンド)の増加で、観光地やレストラン・バーで英語圏の旅行者と隣り合わせになる機会も増えた昨今、せめて「この写真インスタに載せていいですか?」という英会話表現だけでも覚えて、彼らとの距離を縮めたいですよね。

◆Can I?は「できますか?」、Do you mind?は「大丈夫?」

 もしも相手が一人で写った写真をインスタにアップしたい場合は、

「Can I post your photo on Instagram?」
「Do you mind if I post your photo on Instagram?」

 どちらも「この写真インスタに載せていいですか?」という意味ですが、「Can I〜?」で「私は〜できますか?」と聞く方法と、「Do you mind if I〜?」を使って「私が〜しても大丈夫ですか?」とたずねる方法の二通りが一般的です。

「掲載する」には「Upload」や「Put up」といった表現もありますが、SNSに写真を上げる場合は「Post」が一番しっくりくるでしょう。

 二人、もしくはみんなで一緒に撮った写真について尋ねるときは、「your photo」の部分を「Our photo」に替えても、シンプルに指で携帯を指しながら「this」に替えて「Can I post this on Instagram?」と言うだけでも十分通じます。

◆投稿した写真は見てもらってなんぼ!フォローしては英語で?

 ただ、せっかく写真掲載のOKをもらえても、相手に見てもらえないのでは面白みがありません。次はどうやって自分のインスタグラムをフォローしてもらうかです。

 答えは簡単!シンプルに、

「Follow me on Instagram!」(私のインスタをフォローして!)

 でOK。そのあとに「My handle is @joshispa」(私のユーザー名は@joshispaです)とユーザー名(英語ではハンドルネーム:Handle Nameといいます)を相手に教えておけば、すぐにあなたを探し出してくれることでしょう。
※例は女子SPA!のアカウントです。

◆Facebookでも友だちになりたい時には?

 インスタだけでなく、フェイスブックでも友だちになりたいなら、

「Send me a friend request on Facebook!」(フェイスブックで友だちリクエストを送って!)

 と言いましょう。長くて覚えられない人は

「Friend me on Facebook!」(フェイスブックで友だちになろう!)

 でも大丈夫。最近は昔主流だった「Facebook me!」とは言わなくなったようです。

 実名主義のフェイスブックなら、あなたの名前を教えて検索してもらうことも可能ですが、世の中には同姓同名の「女子スパ子」が大勢いるかもしれず、相手が億劫(おっくう)になって、あなたを探すのを途中でやめてしまう可能性も大です。

 慎重を期すなら、

「The URL is https://www.facebook.com/joshispa」(URLは〜です)と教えるか、

「I am “joshispa” Please find me!」(私は〜です。探してね!)

 とフェイスブック内で検索しやすいよう、サイト内のページを示すURLのスラッシュより後ろの部分“joshispa”だけを伝えることも大切です。

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>