スキンケア剤は、ドラッグストアなどで買える安価なもので十分。

写真拡大

加齢が引き起こす体の不調。放置していれば、取り返しのつかない事態を招くこともある。「プレジデント」(2018年1月1日号)より、9つの部位別に、名医による万全の予防策を紹介しよう。第6回のテーマは「肌」――。

■シミ、シワ、イボは、こうして防ぐ!

同じ年齢でも若く見える人、老けて見える人がいるが、肌の老化は見た目に影響するだけではなく、「体内の老化も表している」と、形成外科医で、細胞の老化にも詳しい北條元治氏は指摘する。

「老化を細胞の減少ととらえると、肌の老化は22、23歳ごろから始まっていると言えます。しかし、細胞が減っても肌としての機能は維持できるため、見た目に影響し始めるのは40代くらいからです」と北條氏は説明する。細胞の減少は体全体で起こるので、老けて見える人は、血管も老化が進んでいる傾向がある。

肌の老化は、皮膚を構成する細胞が減少して皮膚が薄くなり、弾力性がなくなり始めると見た目に表れる。人間の皮膚は「表皮」と「真皮」の二重構造になっていて、真皮の下には皮下脂肪が蓄えられている。表皮が老化すると紫外線の影響を受けやすくなり、メラニン色素の濃度が高くなって、肌の透明感が失われる。こうして起きるのがくすみ、さらにメラニン色素が沈着してできるのがシミだ。真皮の弾力性やうるおいがなくなると、シワ、たるみ、クマができる。

加齢に伴うシミの代表に、紫外線による老人性色素斑がある。さらに、紫外線を長時間浴びると、老人性イボ(脂漏性角化症)になったり、皮膚がんも発症しやすくなる。皮膚がんは手術で取れば、命には別状ないことがほとんど。皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)となるとやや深刻だが、北條氏は「日本では新規に発症するのが1年に1000人程度と、非常に少ない。皮膚がんも、悪性黒色腫も、素人が見ても異常に気付きやすいので、おかしいと思ったらすぐに病院に行ってほしい」と話す。

■ナイロンタオルでこすり取るなどもってのほか

肌の老化対策については「基本的に、紫外線対策と保湿で十分」と北條氏は言い切る。男性は日焼けした肌を好む人も多いが、紫外線が強い初夏や、夏の山や海、冬の雪山などでは、特に対策が必要だ。長袖、長ズボン、帽子、サングラスで日光を遮り、サンスクリーン剤(日焼け止め)を塗る。サンスクリーン剤の紫外線カット効果は、SPF値(紫外線防護計数)で示される。日常生活ではSPF15程度、海や山などでは30程度の製品を選べば十分だ。

スキンケア剤は、高価である必要はなく、シンプルな保湿効果があるものでよい。北條氏は、「私の周りの医師は、女性でも『スキンケアはワセリンやニベアだけ』という人がほとんど」だと言う。

顔を洗うときも、石鹸は不要。水やお湯で汚れは十分落ちる。体を洗うときは、タオルは使わず、石鹸を泡立てた手を使う。皮膚の表面には、角化層という死んだ組織でできた層があり、これが肌を覆って保護している。「角化層は、こすれば取れるため、垢と勘違いする人がいますが、肌に必要なものです。ナイロンタオルでこすり取るなどもってのほか」と北條氏は言う。

----------

▼POINT!
・どこから始まる?
肌は細胞の減少により、40代から弾力性を失い始め、くすみ、シミ、シワ、たるみ、クマなど、見た目に老化が表れ出す。
・最悪の場合は?
肌の老化の原因となる紫外線を浴びすぎると、老人性色素斑、老人性イボができるほか、皮膚がんを発症しやすくなる。
・予防・改善策は?
肌の老化対策は、紫外線対策と保湿に尽きる。また、洗顔に石鹸は不要。入浴時の洗いすぎ、こすりすぎにも注意したい。

----------

----------

北條元治
セルバンク代表取締役
形成外科医、医学博士。弘前大学医学部卒。東海大学で熱傷治療に従事。2004年に細胞保管や再生医療技術支援を行う同社を設立。著書に『病気を引き寄せる患者には理由がある。』等。

----------

(ライター 大井 明子 撮影=向井 渉)