伊達みきお(サンドウィッチマン)

写真拡大

11日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおが、2011年の3月11日に起きた東日本大震災に罹災(りさい)して変わったことを明かした。

番組には、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰の糸井重里氏、宮城県仙台市出身の伊達と相方・富澤たけしがゲストで登場。3人で震災への向き合い方について語っていた。

震災後に変わったことに話題が及ぶと、伊達は友人との付き合いに関するエピソードを披露する。伊達は、友人と「今度飯行こうね」「今度会おうね」などの口約束をした後は、必ず守るようになったというのだ。「(友人ともう)会えなくなるような気がして。何があるか分からないじゃないですか」と明かす。

さらに「東北は異常に同窓会が増えている」と漏らすと、富澤も同意して同級生との集まりが増えたと振り返る。糸井氏も「無意識でしたね。やるかやらないか分かんないときは、やるで決めてますね」と驚いた声を上げて、震災後は伊達と同様の変化があったと共感。

震災を経て、伊達は「常に危機感というか、それはあります。明日があるかどうか分からない」「悔いなく生きようって毎日思ってますね」という考えになったという。そのような思いに駆られた結果、現在では寝るのがもったいなく感じるようになったとか。用事がなくとも、夜中の2〜3時まで意味もなく起きていると吐露して、共演者の笑いを誘っていた。

【関連記事】
「全国の人たちを東北に呼び込む」サンドウィッチマンの地元愛あふれるミッション
「あれ勝負下着なんだな」東日本大震災で不明の妻を見つけたきっかけ
「#東北でよかった」が思わぬ展開 Twitterで東北の魅力語るツイートが相次ぐ