<ヨコハマタイヤ PRGRレディス 最終日◇11日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>
国内女子ツアー第二戦「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」最終日。2日目を終えて、首位に立っているのは、トータル7アンダーのアン・ソンジュ(韓国)。トータル5アンダー・単独2位には、2014年以来の国内女子ツアー勝利を狙う横峯さくらがつけている。

初日「70」、2日目「69」と、2日間アンダーパーでまとめた横峯。2日目終了時には「初日から好調が続いていて、いい感触です。明日は焦らずに頑張りたい。推薦していただいた恩返しをするためにも、“結果トップに立てたらいい”と思っています」と、優勝争いの展望を語った。
アン、横峯、そして3打差・3位タイにつける申ジエの最終組は、9時40分にスタート。2打差を追う横峯は1番をパーで終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

国内女子第二戦「PRGRレディス」2日目 結果はこちら
2014年以来のVへ 横峯さくら「“結果”トップに立てたらいい」
【写真】2014年「大王製紙エリエールレディス」で優勝カップを掲げる横峯さくら
【写真】今から10年前の表情も!横峯さくらフォトギャラリー
2018年国内女子ツアー 賞金ランキング