お味の進化著しいコンビニ弁当の中でも、手軽に本格中華感を味わいたい気分のときは「麻婆豆腐丼」が鉄板ですよね。特に辛党の方ならピリッとした花椒の強さなどが選ぶ際のポイントかと思いますが、どのコンビニの麻婆が一番ハードなお味なのか、ちょっと気になりませんか?

ということで今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの麻婆豆腐丼を食べ比べ。編集部で会議して、ベストの麻婆豆腐丼を選出してみました。ランチをチョイスする際の参考にしていただければ幸いです!

ファミリーマート|花椒香る!四川風麻婆豆腐丼|398円

おすすめ度 ★★★☆☆

スタッフB

各種スパイスをオーソドックスにバランス良く効かせた一杯で、とろみの強さ、挽肉のふんわり感も馴染み深い感じです。辛味は比較的ハードで、ビシッと食欲を刺激される味わいですね。ご飯の量が多いのも良いのですが、それに対して麻婆ソースがやや少なめで、ご飯が余りがちなのが気になったかも。

スタッフA

ファミマのみ別添えの花椒パックが付属せず、辛味の調整が効かないのも、人によっては気になりそう。大きめな絹ごし豆腐のなめらか食感が際立ってるけど、個人的には若干没個性気味の味で、ボリューム優先の気分の時ならファミマでもいいかな?という印象でした。ちなみにカロリーは511kcalです。

ローソン|四川風麻婆ごはん(花椒付)|399円

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

別添えの花椒の量がかなり多く、全部かけると3社中最もハードな辛味に! 花椒を追加せずともヒリヒリ感と痺れ感はそれなりに感じられ、「麻」「辣」いずれもビシッと立った派手で力強い味わいかと思います。

スタッフA

ハードなカラシビ感でガツガツご飯が進み、ファミマとは逆にご飯の量が微妙に足りないぐらいかも。ガツンとした辛味の強さと上品で華やかな香りが両立しており、街の中華屋産さんに負けない麻婆豆腐丼だと思います! ちなみにカロリーは515kcal。

セブン-イレブン|旨辛!四川風黒麻婆丼|398円

おすすめ度 ★★★★★

スタッフB

トウチで強めにコクを出した黒麻婆で、挽肉のゴロゴロ感が特徴的! しっかり炒めたこうばしさと歯ごたえで存在感アリです。別添えの花椒を入れなければ辛味はわりとマイルドで、辛口が苦手な人にもおすすめできる一杯ですね。

スタッフA

スパイスの尖りを抑えて若干大人しい印象があるけど、挽肉の香りとトウチのおかげか風味に深みがあり、どっしりとした芯の太い美味しさ。激辛系が好きな人だとちょっと物足りなさそうだけど、本格的な味わいでいえば一番の仕上がりではないかと! ちなみにカロリーは590kcalと最も高めです。

結論:ハードな辛旨感ならローソン、本格中華感ならセブン!

スタッフA

編集部でアンケートを取った結果、断トツの花椒の強さでローソン『四川風麻婆ごはん(花椒付)』が最も支持を集めました。味わいの本格度ならセブンが一段上で、ここはほとんど好みの領域になるかも。ご飯のボリューム重視ならファミマ、本格度重視ならセブン、辛味重視ならローソンを選ぶのをおすすめします!