イ・ボミは10番スタート、最終日の浮上なるか(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<ヨコハマタイヤ PRGRレディス 最終日◇11日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>
国内女子ツアー第二戦「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」最終日がスタート。初日「77」と出遅れたものの、2日目に「69」を出して今季初の予選突破となったイ・ボミは、トータル2オーバー・35位タイからの浮上を狙うが、スタートホールの10番・パー5はパー発進となった。

2日目を終えて、首位に立ったのはトータル7アンダーのアン・ソンジュ(韓国)。2打差・2位には横峯さくら、そして3打差・3位タイには、2017年賞金女王の鈴木愛、申ジエ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)が並んでいる。
横峯さくらは久々の優勝争いで、勝利すれば2014年「大王製紙エリエールレディス」以来、4年ぶりの優勝となる。
最終組の1つ前を回る、鈴木愛、テレサ・ルー、小野祐夢の組は9時30分スタート。アン・ソンジュ、横峯さくら、申ジエの最終組は9時40分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

国内女子第二戦「PRGRレディス」2日目 結果はこちら
2014年以来のVへ 横峯さくら「“結果”トップに立てたらいい」
開幕戦予選落ちのイ・ボミ、笑顔復活で一言「よかったー!」
【スイング解説】優勝争いは必然?アン・ソンジュは例年より早い仕上がり
2018年女子プロゴルファー契約先一覧