テレビやイベントに引っ張りだこ

写真拡大

 昨年(2017年)3月3日に離婚して早1年、“ゆうこりん”こと小倉優子(34)がテレビやイベントに引っ張りだこが続いている。2人の息子のシングルマザーとして働き詰めで、もはや「子育て大丈夫?」と心配になるほど――。

 ***

 2月のテレビ番組(関東)の出演をザッと見回しただけでも21本! 日本テレビからテレビ東京まで、バラエティはむろん、料理番組、深夜の通販番組まで隈無く――それが1年続いている。昨年(17年)12月には、「好きなママタレント」で第1位を獲得(オリコン第2回『好きなママタレント』ランキング)。トップ10の中で離婚しているのは、ゆうこりんだけである。いったい何が、こんなにウケているのか。

テレビやイベントに引っ張りだこ

「深夜3時台の通販番組『日テレポシュレ』(日テレ)にまで出演していたのには驚きました。“芸能人イチオシスペシャル!!”と銘打っていたとはいえ、こういう番組に出て来る芸能人の枠は、ほぼ固まっているじゃないですか。そこへ、ちょこんと出てきて、ヘアカーラーを宣伝していましたからね。こんな仕事も受けるのかと、夜中にボーッとしていたけど目が覚めましたよ」(芸能担当記者)

 彼女がグラビアアイドルとしてデビューしたのは01年のこと。間もなく「こりん星のりんごももか姫」という自己創作のお姫様(?)キャラクターが注目されるようになり、バラエティ番組で活躍。カリスマ・ヘアメイクアーティストと結婚したのは11年10月のことで、翌年には長男を出産した。

「あ、離婚しよう!」

 しかし、16年8月に「週刊文春」が夫の不倫を報じる。当時、ゆうこりんは、第2子を妊娠中だった。

 その間ずいぶん悩んだことを、2月15日放送の「ダウンタウンDX」(日テレ系)で明かしている。

「すごく考えました。長男を連れて沖縄に行って、海を眺めながらどうしようかと悩んで悩んで……」

 同年11月に次男を無事出産。

「産まれた瞬間に、『あ、離婚しよう!』って思ったんです」

 こんな話も堂々としている、ゆうこりん。

 昨年(17年)5月に放送されたバラエティ「今夜くらべてみました」(日テレ系)では、フットボールアワーの後藤輝基(43)から「『こりん星』に住んでいましたけど、今は『りこん星』に」などツッコまれても平気なゆうこりん。

 続く6月には、釣り番組の「ニッポンを釣りたい! 話題の芸能人!まさかの休日」(フジテレビ系)にも出演して、釣りは初めてと言いながら鰹の一本釣りまでやっていた。船酔いでゲロを吐きつつ……。

 そして10月の秋ドラマ「刑事ゆがみ」(フジテレビ系)第1回のゲストはゆうこりんで、その役どころは痴漢常習のエリートサラリーマンの妻。オファーするほうもするほうだが、ゆうこりんは「ミルク代を稼ぐため」と公言しているという。

前任はスザンヌ

 何でこんなに引っ張りだこなのか。コラムニストの林操氏に分析してもらった。

「離婚した人って、意外に興味を持たれるんですよね。いま、どうしているんだろうって。ゆうこりんの前はスザンヌ(31)が、シングルマザーとして人気でした」

 スザンヌが福岡ソフトバンクホークス(現野球解説者)の斉藤和巳投手(40)と結婚したのは11年12月のこと。彼女は14年1月に第1子を出産するが、その頃から斉藤が家に寄りつかなくなり、不仲が報じられた。そして、翌15年3月に離婚。

「スザンヌも離婚直後からしばらくは、出突っ張りが続きました。スザンヌもゆうこりんも、タレントとして中の下というか、ちょうどいいランクなんですね。大物は離婚直後にバラエティはもちろん、表に出て来ることはありません。役者や歌手も、本業に差し支えますから。ランクが中の下なのは、ダルビッシュ有(31)と離婚した紗栄子(31)も一緒ですが、相当カネもらってるんだろうな感と、よくわからないカリスマモード感が、反感を買っています。対してスザンヌとゆうこりんは、露出を絞ったりすることもなく、離婚を高く売ろうともしない。被害者面もせず、離婚話を振られてもそこそこ話すこともできるという共通点があると思います」

 スザンヌは地元の熊本に引っ込んだこともあるけれど、ゆうこりんほど長期にわたって活躍することはなかった。

いまや逆ベッキー

「その差は見かけではないでしょうか。少しやつれた感のあるスザンヌと、いまだに丸顔で可愛らしく元気そうなゆうこりん。見ていて安心できるのは、ゆうこりんでしょう。また、スザンヌと違って、普通の人はゆうこりんの旦那を知りませんからね、傷跡も浅い。そのゆうこりんが、2人の息子のために一所懸命に働いている健気さ、アクのなさは、むしろ離婚前よりも無キズ度は高まっているかのようで、使い勝手もいい。それでいて、子供関連の仕事はしても、自身の子供を晒したりしないところも賢い。不倫されて丸々被害者のゆうこりんと、不倫して加害者代表のベッキー(33)とでは両極で、いまや“逆ベッキー”と言っていいかもしれません」

 ゆうこりんって、こんなに器用だっただろうか。

「そこはマーケティングのわかっている人が、バックについているのだろうとは思います。しかし、ゆうこりんは、決してバカではない。こりん星の頃から、彼女の受け答えの上手さはデーモン閣下(自称100055)に匹敵すると言われており、“カシコ説”は昔からありました。バラエティだって決して台本通りにはいきませんから、その中で芸人相手にやっていけるのは、相当な感性があるからだと思います」

 離婚から1年を経て、いまだ勢いは落ちていない。ゆうこりんは、どこへ進むのだろう。

「第2の菊池桃子(49)になるのではないでしょうか。アイドルからプロゴルファーの西川哲(49)と結婚したことで、姑に五月みどり(78)を持つことになった菊池桃子は、離婚して2児を育てながら大学院へ進み、雇用問題を専攻。現在は母校の戸板女子短期大学の客員教授を務めています。ゆうこりんも、そうしたアカデミック方面に進むではないかと……」

 研究テーマは、やはり宇宙論だろうか?

 ***

週刊新潮WEB取材班

2018年3月10日 掲載