ゲーム好きが絶賛のスマホ、Razer Phoneの「一点豪華主義」戦略

写真拡大

ハイスペックなゲーミングスマホ「Razer Phone」に弱点があるとすれば、それはカメラ性能だろう──。サムスンやアップルの端末の高い完成度に慣れた消費者は、ハイエンドスマホに対して細部に至るまで完璧さを求めるようになった。

しかし、Razerのようなニッチメーカーは大手2社に比べて規模の経済が働かないため、製造原価が高くつく。このため、競争に勝ち残るためには「万能ではあるが全般的な性能は並み以下の端末」か、「特定の機能で圧倒的に優れた端末」の二者択一を迫られる。

Razerが選んだのは後者だ。Razer Phoneはゲーミングスマホの名の通り、スマホゲーム向けでは最高品質のディスプレイを搭載している。筆者は、過去にRazer Phoneについて次のように論評していた。

「Razer Phoneの最大の武器は、そのディスプレイだ。5.7型液晶で解像度2560 x 1440pxというスペック自体は目新しくないが、特筆すべきは最大リフレッシュレートが120Hzであることだ。グラフィックは非常に滑らかで、ディスプレイのリフレッシュレートとGPUが同期しており、画質は素晴らしい」

Razer Phoneに対応しているタイトルはまだ限られているが、Razerはそのリストを自社サイトで公開している。同社は最近、OSをアップデートしてネットフリックスのHDR動画と、Dolby Digital Plus5.1サウンドの再生に対応した。

これにより、Razer Phoneはストリーミングビデオを視聴する上でも最高のスマホとなった。ネットフリックを観る際にカメラの性能は気にならないはずだ。

Razerによると、ユーザーの85%以上がOSを最新版にアップデートしているというが、これは非常に高い水準だ。Razerはディスプレイを最大の強みとしてアピールし続けており、筆者も「スター・トレック: ディスカバリー」をHDR再生して楽しんでいる。