東京の勝ち組女である“港区妻”に、実は純然たる階級がある。頂点に君臨するのは、名門に生まれた生粋の「東京女」。

一方、結婚により港区妻の仲間入りを果たした女もいる。地方出身で元CAの桜井あかりも、そのうちの一人。

順風満帆な人生を歩んできたあかりが次に挑むのは、慶應幼稚舎受験であった。

信頼する友達・凛子の計らいで紹介制の個人教室を訪れると、美貌の講師、北条ミキに、旬の素質を指摘され、受験に心が傾く。

しかし玲奈と百合は、あかりの甘さを指摘、幼稚舎出身の玲奈のお茶会に呼ばれたあかりは、格の違いに愕然とする。

半年後、天王山の夏休み。あかりは慶應幼稚舎説明会で憧れを募らせるが、大手教室の対策講座では、幼稚舎受験ファミリーの驚異的な受験対策に衝撃を受ける。

そんな中、着実に成長を遂げる旬が模試でも成果が出始め喜ぶあかりだったが、新学期、園長から衝撃の言葉が告げられる。




「旬がいるなら、運動会をボイコットするということですか…?」

いつもにこやかに話しかけてくれる、同じクラスの母親たちの顔が、代わる代わる頭に浮かぶ。

一体、誰が園長に直訴したのだろうか。旬はこれまでトラブルを起こしたことはなかったし、クラスの中心的な存在で友達も多い。

心臓を掴まれたような息苦しさを感じ、冷静になろうと深く呼吸した。

「もちろん、わたくしどもも毎日子供たちを見ていますから、あの旬くんが急に何かをしたとは思っていません」

顔色を失くしたあかりのショックを和らげるように、園長は力強く言った。

「桜井さん、慶應幼稚舎を受験なさるそうですね?原因はそのことだと思います」


あかりと旬を陥れた母親たちの、真の狙いとは?


母親たちからの恐るべき悪意


「幼稚舎を受験することが、関係あるんですか?」

「桜井さん、当園では毎年かなりのお子さんが小学校受験に挑みます。長年見ていますから、お母さま方がどんなに一生懸命か、そして時に良からぬ方向に暴走してしまう例も、本当にたくさん見てきました」

「暴走…?」

あかりは指先が冷たくなるのを感じていた。




「今回数人のお母さまが、旬くんが大人のいないところでは乱暴で、子どもたちが怖がり、運動会の練習ができないと言っています。

運動会終了まで登園しないでほしい、それがかなわないならば十数人でボイコットすると。チェーンメールのような形で悪い噂を流して、人数をある程度まとめたようです」

あまりの言われように一瞬言葉を失い、反論しようとすると、園長はわかっているという風に手で制した。

「しかも、それを幼稚舎に関係する筋へ進言するとまで言っていました。この点に関しては、私も厳しく出たので、思いとどまってくれたと信じているのですが」

あかりは一瞬頭が真っ白になる。根も葉もないことを、まだ何も関わりのない学校に言うなんて、そんなことを思いつくこと自体が信じられなかった。

「…誰なんですか?私今から話をしにいきます」

「桜井さん、落ち着いてください。私どもも、幼稚舎もわかっていますよ、実はこういうことは時々あるんです。成績が急に上がって目立つ子がいると、焦りや嫉妬からとんでもない行動に出てしまう」

「でもそんな噂を流しても自分の子が合格するわけじゃないのに…」

「旬くんが1か月以上登園できなければ、日常生活のリズムが大きく狂い、不安定になるでしょう。また、桜井さんに与える精神的ダメージは計り知れません。11月の受験準備に影響が出るのは間違いない。そうすれば力のある子がひとり消える。それが狙いです」


傷心のあかりに、玲奈の言葉が刺さる


東京富裕層コミュニティに生まれ育った玲奈の本音


騒動が収まるまでしばらく時間をくれという園長の言葉に、あかりはうなずくしかなかった。動揺させることが狙いならば、ここで騒ぎを大きくして深手を負うことは避けたかった。

園長室を出ると、同じクラスの母親が二人、近づいてきた。

「あかりさん、大変だったわね。実は夏休み中に、こんなLINEが回ってきて…」

「そうみたいですね」

あかりが言葉少なにうなずくと、二人は心から同情したように眉を顰める。美しくトリミングされた眉と、シミひとつない白い肌を、今となっては恐ろしいような気持ちで見た。

「桜井さん受験するの?今までそんな素振り見せなかったから、みんな驚いているみたい。広尾の教室で、旬くんがとても褒められていたって」

「ええ、凛子ちゃんには相談していたんですけど…個人教室だから、夏休みまでどなたにも会わなくてお話したことはなかったかも」

「凛子ちゃん、四ツ谷雙葉のご出身なんですって?隣のクラスの今野さんが、凛子ちゃんは雙葉の6学年下にいたって。あの方そんなに若かったの?美人で当時からすごく目立ってたって…」

「今日は失礼しますね」

あかりは話を遮って、園を後にした。



「あかり大丈夫?ほら、うじうじしてたら相手の思うつぼだよ!」

百合が、イニシャルの刺繍が入った白いハンカチを押し付けながらあかりの背中に手を当てた。

受験が本格化する前に最後のランチでも、と誘いのLINEがきて、あかりはメイクをする気力もなく、かろうじて日焼け止めだけ塗って天現寺近くのカフェに来た。

元CAとして、素顔で昼間のカフェに来ることなど一生に一度あるかないかの非常事態である。玲奈も百合も、驚きながら話をきいてくれた。

「…でも、あかりを中傷した人たちの気持ちもちょっとわかるわ」

玲奈が遠くを見ながらブラックコーヒーを飲む。百合が、「追い打ちをかけないで!」とばかりに目くばせするが、玲奈は構わず続けた。

「幼稚舎を出て、幼稚舎の人と結婚して、愛育で産んで、プレスクールも幼稚園も、幼稚舎への登竜門と言われるところに必死で入れて、個人のお教室で膨大な付け届けもして、少しでも関係する人達に頭を下げてここまで来たのよ」




あかりは玲奈の顔を見た。いつも絶対的な自信に溢れていた玲奈。苦労や努力とは無縁のイメージだった。でも今はどこか虚ろな空気をまとっている。

「あかりみたいにぽっと出の子に負けちゃったら、今までの血のにじむような努力と数千万円の投資はなんだったの?ってきっと思うわ。

あかりは入ったらラッキー、でしょ?そんな人に私たちの気持ちがわかる?絶対に失敗できないのよ。帰るところも、逃げるところもないの。…私たちは天現寺が“ホーム”なのよ」

玲奈の本音が、クラスの母親たちの声と重なって心に突き刺さる。負けることは、許されない。それが彼女たちの生きる世界なのだ。

その悲痛な叫びに、あかりは何も返すことができなかった。

しかし他の人にどう思われようと、あかりと旬が頑張ってきたこの9か月間を諦めるわけにはいかないのだ。

普通の親子の受験対策に比べたら短く、かけたお金も比較にならないけれど。毎日、正面から課題に向き合って努力してきたことに嘘はない。

あかりは、本音で話してくれる二人に報いるためにも、涙を流すのはこれで最後にしようと誓い、顔を上げた。

▶NEXT:3月18日 日曜更新予定
ついに願書提出!本番直前、まさかの波乱に、立ち尽くすのは誰?