解体か保存か 7年経ってもゴール見えない震災遺構めぐる議論

ざっくり言うと

  • 東日本大震災の記憶を伝えようと宮城、岩手両県では遺構の取り組みが進む
  • 遺構は公共施設が中心で、民間施設の遺構化や住民の合意形成には困難が伴う
  • 被災の象徴を今後どうしていくのかについては7年経っても答えは出ていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング